現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 成果普及 >
  6. 研究紹介 >
  7.  反り・変形・ばち:陶磁器製品欠点防止法の科学(三重、窯業研究室)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  窯業研究室 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

表面欠点「反り・変形・ばち」の防止法

現在、文献に記載されている「反り・変形・ばち」の欠点防止法を左欄に示します。右欄には、当研究会で検討した結果として、その意味(科学的理由)を示します。

反り・変形・ばち:製品の湾曲、だれ下がり、がたつき

欠点防止法 その意味(科学的理由)
1 原料の組成の改善(特にアルカリおよびアルカリ土類の量) 原料中のアルカリとアルカリ土類の量が多いと、適正な焼成温度幅が狭くなったり、焼成体にガラス成分が多くなり変形しやすい。
2 素地はい土の均一化 はい土が均一になっていないと、部分的に焼結状態が異なり、変形を生じる。
3 成形品に局所加圧の防止 成形体を局所的に加圧して変形させてしまうのを防止する。
4 形状の改善 大きな取っ手などバランスの悪い形状が原因で乾燥、焼成段階で変形を起こしやすい場合は形状を変更する。
5 乾燥の完全化 乾燥を完全に行い、焼成段階で急激な乾燥収縮が起こらないようにする。
6 燃焼速度の低速化 焼成の際、燃焼速度を低速化して、温度をゆっくりと上昇させることにより、均一に焼結を行う。
7 燃焼火度の適正化 燃焼火度を低下することで、変形を生じない適度な焼結状態にする。また、焼成火度を上昇することで、適度に変形し、がたつきをなくす。
8 窯詰め用道具の適正化 窯詰め用道具を適正化し、均一な焼成ができるようにする。また、棚板等の反りや凸凹をなくすことで製品接地面の変形をなくす。
9 素地・釉の適正化 素地に生成するガラス成分などを適量にして変形を防ぐ。釉に極度な応力がかからないように釉の組成を適正化する。また、釉(特にマット釉)の片面施釉によって応力が生じ、素地が変形する事がある。
10 乾式成形の圧力均一化 乾式成形(プレス成形)において、成形体に均一に圧力が加わるようにして、成形体の密度を均一にする。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 窯業研究室 〒510-0805 
四日市市東阿倉川788
電話番号:059-331-2381 
ファクス番号:059-331-7223 
メールアドレス:mie_cera@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052953