現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 成果普及 >
  6. 研究紹介 >
  7.  泡:陶磁器製品欠点防止法の科学(三重、窯業研究室)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  窯業研究室 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

表面欠点「泡」の防止法

現在、文献に記載されている「泡」の欠点防止法を左欄に示します。右欄には、当研究会で検討した結果として、その意味(科学的理由)を示します。

泡:釉面に生じた泡

欠点防止法 その意味(科学的理由)
1 釉の融点を上げるか、焼成火度を下げる 過焼状態になり、釉が発泡している場合、釉の融点を上げるか焼成火度を下げて、釉が適度な溶融状態になるようにする。
2 釉の流動性を良くする シリカ、アルミナ分が多く、溶融粘性の高い釉では、塩基組成を増やすなどして釉の流動性を良くする。
3 釉の粒度を大きくする 釉の粒度を大きくして、釉中に空気を巻き込みにくくする。
4 燃料を硫黄分の少ないものに変える 石炭、重油などの燃料中の硫黄分が釉中に取り込まれ、亜硫酸ガスとなって泡を作るのを防止する。
5 燃料の噴霧を良くする 重油、灯油窯で燃料の噴霧を良くすることにより、未燃焼物質が釉に取り込まれ、溶融した釉中でガスとなり、 泡を作るのを防止する。
6 焼成温度低くし、時間を延長する 焼成温度を低くして過焼状態になるのを防ぎ、釉中の泡を除去するため、高温での焼成時間を長くする。
7 焼成火度を高くする シリカ、アルミナ分が少なく、溶融粘性の低い釉では、焼成火度を適度に高くすることで、泡を抜けやすくする。
8 施釉前の乾燥を良くする 施釉前の素地を良く乾燥することにより、釉中に水分が取り込まれ発泡するのを防ぐ。
9 釉の厚さを薄くする 釉を薄くすることで釉、素地中の空気、発生するガスを抜けやすくし、泡を防止する。
10 煙突の排気を強くする 窯の中に水分などが滞留し、釉に取り込まれて発泡するのを防ぐ。
11 素地の粒度を細かくする 素地の粒度を細かくすることで素地の焼結を進め、素地中の空気をできるだけ抜いて泡の発生を防止する。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 窯業研究室 〒510-0805 
四日市市東阿倉川788
電話番号:059-331-2381 
ファクス番号:059-331-7223 
メールアドレス:mie_cera@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052957