現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 研究業務 >
  6. 研究評価 >
  7.  平成19年度事後評価
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  企画調整課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成19年度事後評価

平成19年度 科学技術振興センター工業研究部の事後評価の概要と実施結果

1 日時   平成20年2月27日水曜日 9時30分から12時
2 場所   工業研究部会議室
3 出席者   研究評価委員4名中4名出席

4 対象事業と評価結果
(1)事後評価の課題と評価結果

  • 課題1 酸化物系青色発光蛍光体開発研究費(電子・機械研究課)
  • 課題2 二次元振動型マイクロジャイロの実用化研究費(電子・機械研究課)
  • 課題3 県内農林水産物からの新規発酵食品の開発研究費(医薬品・食品研究課)
  • 課題4 持続循環型グリーンコンポジットの開発研究費(材料技術研究課)

各課題の評価結果(カッコ内の数字は評価委員数)

課題 各項目の評価結果【※】
目標達成度 技術の発展性 移転・普及性 今後の方向 成果の取扱い
1 B(4) 1(4) 2(4) 1(1),2(3)
2 B(3),C(1) 1(2),2(2) 1(2),2(1),3(1) 2(3),3(1) 応用性の明示には成果発表等も有用
3 B(3),C(1) 2(4) 1(3),2(1) 1(1),2(3) 機能の伝達、周知法等が課題
4 B(3),C(1) 1(1),2(3) 1(1),2(1),3(2) 1(1),2(2),3(1) 開発技術の広範な周知が必要

※各項目の評価基準
(目標達成度)A:目標以上、B:ほぼ目標通り、C:一部不十分、D:不十分
(技術の発展性)1:全体として発展性あり、2:一部発展性あり、3:発展性は少ない
(移転・普及性)1:技術移転の可能性あり、2:製品化・普及への具体性あり、3:技術情報として有効
(今後の方向)
1:新規課題で未完成技術の開発を図る、2:未達成課題を継続して完成を図る、3:課題を終了する

総合評価
課題1:ほぼ目標通り
 計画された目標は達成されており、技術の発展性も期待できる。今後は用途先を小型メッセージディスプレーへ集中し、コストの低減も進め、実用化を目指して欲しい。
課題2:ほぼ目標通り
 目標とされた小型化は達成されたが、応用分野の検討が不十分である。今後は他のジャイロとの差別化を図り、適切な分野への普及に努めて欲しい。
課題3:ほぼ目標通り
 魚醤油について成果が認められ、発展性も期待できる。今後は研究成果をもとに技術移転を進め、実用化が望まれる。
課題4:ほぼ目標通り
 籾殻炭化物との複合化により、生分解性、制電特性の向上の成果が認められる。食用材由来以外のマトリックス材についても開発研究が望まれる。

(2)経常試験研究課題6課題の成果報告
  • 異種金属等のの接合技術の調査研究(電子・機械研究課)
  • 電子回路からの放射電磁界に関する研究(電子・材料研究課)
  • バイタルサインからの感性情報の抽出に関する研究(医薬品・食品研究課)
  • 平面精密位置決め装置設計技術の開発(金属研究室)
  • 銅の価数を制御した中火度用釉薬の開発(窯業研究室)
  • 耐酸性を向上した釉薬の開発(窯業研究室)

上記の6課題の活動報告を行い、その内容について承認された。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 企画調整課 〒514-0819 
津市高茶屋5丁目5番45号
電話番号:059-234-4036 
ファクス番号:059-234-3982 
メールアドレス:kougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052988