現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 研究業務 >
  6. 研究評価 >
  7.  平成26年度事前・中間評価
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  企画調整課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成26年度事前・中間評価

平成26年度三重県工業研究所の事前・中間評価の概要と実施結果

1 日時:平成26年9月16日(火)13時30分から16時30分
2 場所:工業研究所中会議室
3 出席者:評価委員4名中4名
4 対象事業と評価結果:

3-1事前評価

(1)6次機能強化を目指した食品・医薬品素材開発(仮題)
中小企業における機能性素材・機能性食品の開発を支援するため、野菜類・豆類・茶など既知の機能性成分を含み、食習慣でなじみのある天然資源を利用し、栄養性(1次)、嗜好性(2次)、生体調節機能(3次)など総合的に優れた性質(6次機能)の食品素材や機能性素材とする加工技術の開発を行う。

内訳 必要性4.5 目的の明確性3.8 内容の妥当性4.0 新規性3.3 期待される成果3.5
合計 19.0

(2)次世代鋳造技術開発(仮題)
中小企業の利益率拡大を図るため、超小ロット対応型の鋳造技術の開発と共に、油圧部品等の産業機械分野への進出支援を目的に、希土類元素が鋳造欠陥に及ぼす挙動を把握し、希土類元素を制御した鋳造技術の開発を行う。

内訳 必要性4.5 目的の明確性4.3 内容の妥当性3.8 新規性3.8 期待される成果4.0
合計 20.3

(3)みえの食材を活かす陶磁器製品開発(仮題)
「みえの食材」を活かし「食材を載せる・入れる」という器本来の役割に着目した陶磁器製品の開発を目的に、多様な主体が関わる研究会を開催して、地域・業界のニーズの把握、工業研究所の持つ基盤技術の普及を行い、さらに希望する事業者等との共同研究により試作開発を行う。

内訳 必要性3.8 目的の明確性3.3 内容の妥当性3.8 新規性3.3 期待される成果3.8
合計 17.8

4-2 中間評価

  • 課題1:クリーンエネルギー研究推進事業
    創エネ・蓄エネ・省エネをテーマにした研究会を通じ企業ネットワークの構築・充実を図ると共に、燃料電池等に関する企業との共同研究を行うなど、実用化に向けた支援を行うことにより、県内中小企業の環境・エネルギー関連分野への進出促進を図る。
  • 課題2:技術革新による三重の陶磁器新製品開発
    地域産業競争力を確保するため、耐熱陶器に新機能を付与した製品開発を行い、耐熱陶器の先進性を高めることにより、県内陶磁器産業の振興を図る。

各項目の評価結果

課題 各項目の評価結果
進捗状況(全体評価) 目標達成の可能性 課題の取り扱い
課題1 B:ほぼ目標通り 可能性あり 継続
課題2 B:ほぼ目標通り 可能性あり 継続

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 企画調整課 〒514-0819 
津市高茶屋5丁目5番45号
電話番号:059-234-4036 
ファクス番号:059-234-3982 
メールアドレス:kougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000053002