現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 研究業務 >
  6. 研究評価 >
  7.  令和3年度事後評価
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  企画調整課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和3年度事後評価

令和3年度三重県工業研究所の事後評価の概要と実施結果

1 日時:令和4年2月17日(木)13時00分から16時30分

2 場所:工業研究所中会議室及びオンライン

3 出席者:評価委員4名中4名

4 対象事業と評価結果:

事後評価

(1)食品・医薬品製造における物性制御技術開発
(2)砂型積層造形を活用した革新的鋳造プロセスの開発
(3)陶磁器新商品開発支援(3次元データを活用した陶磁器新商品デザイン開発支援)
(4)鋳物廃砂減量化技術開発事業
(5)耐熱陶器リサイクル技術開発事業

各課題の評価結果(カッコ内の数字は評価委員数 複数回答含む)         

課題 各項目の評価結果※
目標達成度 技術の発展性 移転・普及性 今後の方向 コメント集約
(1)

A(2)
B(2)

1(4)

1(3)
2(1)
3(1)

1(1)
2(3)

事業化の検討を進めているとのことであり、他素材の食品を含め、今後の広がりに期待したい。
(2) B(4) 1(3)
2(3)
1(2)
2(2)
3(1)
1(1)
2(3)
・バインダ量を低減させる方法の提案につなげてもらいたい。
・新たな技術課題(企業ニーズ)を見出しており、今後の進展に期待したい。
(3) B(4) 1(1)
2(3)
2(4)
3(1)
1(1)
2(3)
地場産品の維持・発展のためのサポートに今後も期待したい。
(4) B(3)
C(1)
2(4) 2(1)
3(3)
1(2)
2(2)
・実際の削減に向けて継続していただきたい。
・単県ではなく他県とのノウハウ共有は必要。
(5) B(4) 1(2)
2(2)
1(1)
2(1)
3(3)
1(3)
2(1)
メーカーにとってのインセンティブをどう伝えるかが課題。

※各項目の評価基準

(目標達成度)
A:目標以上 B:ほぼ目標通り C:一部不十分 D:不十分
(技術の発展性)
1:全体として発展性あり 2:一部発展性あり 3:発展性は少ない
(移転・普及性)
1:技術移転の可能性あり 2:製品化・普及への具体性あり 3:技術情報として有効
(今後の方向)
1:新規課題として新たに目標を設定し達成を図る 2:継続して目標の達成を図る 3:課題を終了する

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 企画調整課 〒514-0819 
津市高茶屋5丁目5番45号
電話番号:059-234-4036 
ファクス番号:059-234-3982 
メールアドレス:kougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000259611