現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 漁海況情報 >
  6.  漁海況長期予報(2021年4~7月までの予測)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  資源管理・海洋研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

 

漁海況長期予報

2021年 4月~7月までの予測

 3月22~24日に北海道から鹿児島県までの各都道県水産研究機関および水産研究・教育機構が海況・漁況に関する情報を持ち寄り、今後の見通しを立てましたので、その概要を紹介します。

(予測対象)海況および熊野灘のマイワシ、さば類、マアジの漁況

海況

 黒潮は大蛇行が継続し、流路はA型基調で推移しますが、一時的に流路が変動することもあるでしょう。
 熊野灘沿岸の水温は「平年並~高め」基調で推移し、一時的に「かなり高め」となる見込みです。

【解説】

 3月下旬現在、黒潮は四国の南沖で小蛇行し、足摺岬~室戸岬沖を著しく離岸。潮岬に向かってやや北上し、熊野灘南沖を南下。遠州灘沖で31°E以南に達した後、ゆるやかに北上しながら東進。伊豆諸島の東沖を北上し、北東へ流れています(非典型的A型)。
 黒潮は2017年8月下旬に大蛇行流路となり,2020年10~11月に一時的な流路の変動はあったものの、3年半が経過しました。今のところ大蛇行が解消するきっかけとなるような兆候はみられず、今期中に大蛇行が終息することは無い見込みです。現在、黒潮の流路は八丈島の南を通過して北上する非典型的A型ですが、4月中旬には八丈島の北を通過して北上する典型的A型となると予測されています。
 熊野灘沿岸の水温は、黒潮系の暖水が流入しやすい状況が続くことから、 「平年並~高め」基調で推移すると予測されます。また、黒潮が熊野灘に接近したり、黒潮の内側反流等によって暖水の影響が強まったタイミングでは、一時的に「かなり高め」となる見込みです。

黒潮流路

マイワシ

 14cm以上の1歳以上が漁獲され、来遊量は前年並~下回るでしょう。

マイワシ

【解説】

 2020年12月~2021年2月期のまき網による漁獲量は、前年同期、過去10年平均を大幅に下回りました。漁獲主体は15~21cm(被鱗体長)で、漁獲は1月まではほとんどなかったものの、2月にややまとまった漁獲となりました。今期は1歳以上が漁獲主体となり、資源量から3歳以上の来遊量も前年を上回ると考えられます。ただし、伊豆諸島北部周辺に暖水波及が生じて房総~伊豆諸島北部海域で大規模な産卵場が形成されると、熊野灘への3歳以上の来遊は少なくなる傾向があり、今期も同様の状況になる可能性があります。漁況の経過から、漁獲量は前年を大幅に下回っており、本海域への来遊量は、太平洋系群の資源量に対してそれほど多くない可能性があります。以上を総合して、来遊量は前年並~下回ると予測されます。

さば類

 マサバは、25~40cmの2歳以上を主体に30cm以下の1歳魚も漁獲され、来遊量は前年並~下回るでしょう。
 ゴマサバは、30~40cmの2歳以上を主体に漁獲され、来遊量は前年並~下回るでしょう。

サバ

【解説】

 
 2020年12月~2021年2月期のまき網による漁獲量は5,040トンで、前年同期を上回り、過去10年平均を下回りました。漁獲主体は体長(尾叉長、以下同じ)33~37cmのマサバで、漁獲は2月12日以降に集中しました。一方、ゴマサバは少ないながらも1月にやや漁獲がまとまり、漁獲主体は34~38cmでした。 
 今期はマサバの産卵群が漁獲主体となり、資源量は多いと見積もられていますが、2020年の同期後半に小型の未成魚がほとんど来遊しなかったことから、熊野灘への来遊量は前年並~下回るとみられます。また、マサバ産卵群に前後して小型の未成魚も漁獲されるでしょう。ゴマサバは近年減少傾向が著しく、今期も前年並~下回るでしょう。以上を総合して、さば類全体の漁獲量としては、マサバを主体に前年並~下回ると予測されます。

マアジ

 14~22cmの1歳魚を主体に、来遊量は前年並の低水準となるでしょう。

マアジ

解説

 2020年12月~2021年2月期のまき網の漁獲量は238トンで、前年同期を下回り、過去10年平均並でした。漁獲は低水準ながら12月に比較的多く、漁獲主体は15cm前後(尾叉長)の明け1歳魚でした。今期は1歳魚が主体となり、前期の漁況から、来遊量は前年並の低水準と予測されます。

※ 次回の漁海況長期予報は、7月下旬頃(未定)に8月~12月の予報を行う予定です。

参考サイト

我が国周辺の水産資源の現状を知るために(資源評価結果や各海域の長期予報が掲載されています)

ページのトップへ戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 資源管理・海洋研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051066