現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. トピックス >
  6. 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野参詣道) >
  7.  熊野古道伊勢路のはなし・熊野川
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  記念物・民俗文化財班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

熊野古道伊勢路のはなし・熊野川

熊野古道伊勢路のはなし
熊野川と御船島


 三重県と和歌山県との県境となっている熊野川は、熊野本宮と速玉大社とを舟で結ぶ、いわば川の道でもありました。また、川を横断するのに、速玉大社へ向かう成川の渡し、熊野本宮に向かう楊枝の渡しなどの渡し場があり、成川から新宮への渡し賃は、江戸時代には一人25文と決められていました。
 和歌山県指定文化財の速玉大社の祭礼(現在毎年10月15・16日)の一つである御船祭は、熊野川が舞台となります。神霊を乗せた神幸船(じんこうせん)を曳航する諸手船(もろとぶね)は、かつて速玉大社の神領であった三重県の鵜殿村の人々が漕ぎ手となり、御船島を回ります。この時、ハリワイセと呼ばれる赤衣を着て女装をした人物が船上で掛け声とともに踊る「ハリハリ踊り」は、村の無形民俗文化財にも指定されています。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 記念物・民俗文化財班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3328 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000067387