現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 子ども・思春期 >
  5. 子どもの育ちを支える取組 >
  6. 三重県子ども条例 >
  7.  平成30年度三重県子ども条例講演会『考える』ことが好きになるの開催結果について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  子どもの育ち・家庭応援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえ 子ども スマイルネット

「三重県子ども条例講演会『考える』ことが好きになる」を開催しました!

 三重県では、三重県子ども条例のもと、子どもたちが豊かに育つため、子どもたちが意見表明する機会の提供や主体的に取り組む様々な活動などを支援しています。
 この度、平成31年3月17日(日)に「三重県子ども条例講演会『考える』ことが好きになる」を開催し、約120名の方にご来場いただきました。
 

主催者挨拶

 
稲垣 清文 三重県副知事            谷川 憲三 みえ次世代育成応援ネットワーク代表
 

第1部 第10回ありがとうの一行詩コンクール表彰式

 子どもから大人や友達などへ、大人から子どもへ気持ちを伝え合う機会を提供することで、お互いの信頼関係を構築し、家庭をはじめ学校や地域の中で子どもが安心して自分らしく育つことを期待し、コンクールを実施しました。
 第10回目となる今回は、15,473作品の応募をいただき、その中から選ばれた各部門の最優秀賞作品4組の表彰式を執り行いました。
表彰式の様子

県立松阪高校放送部による一行詩ドラマ映像を初披露

 一行詩の感動を一層感じていただけるよう松阪高校放送部の皆さんに、最優秀賞4作品のドラマ映像を制作していただきました。


ドラマ映像放映中の様子
 

第10回ありがとうの一行詩コンクール最優秀作品表彰


一行詩コンクール最優秀賞受賞者の皆さん

【最優秀受賞者】
家族の絆/個人部門      家族の絆/ペア部門
西川 黎             樋口 善大、樋口 真由

地域の絆/個人部門      地域の絆/ペア部門
東山 絢音            古田 ひなた、右高 まい   (敬称略)
 

第2部 「みえの子ども『夢☆実☆現』応援プロジェクト」の成果発表

 子どもたちが創意あふれる熱い思いをもとに、子どもたち自身が考え工夫し、自分たちの夢を具体的に実現する取組を応援する『みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト』を今年度から実施し、総数460件の夢が届き、最終審査の結果、3件の子どもたちの夢を採択することになりました。
みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクトの活動報告

採択者の子どもたちによる成果発表

 
内山泰葉さん(県立北星高校通信制)      TAKADA Morning &Girls♡(高田中学校2年生)


伊勢工業高校建築研究部
 

第3部 講演「『考える』ことが好きになる」

 「可能性を広げるための子どもへの関わり方」や「幼少期からの数学的思考センス(イメージする力)を育むために大切にしなければならないこと」などをテーマに、講師の川島 慶さん(株式会社花まるラボ 代表取締役)に講演をいただきました。
 
講師 川島 慶さん
 

 

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 子どもの育ち・家庭応援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2269 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000224883