現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 少子化対策 >
  5.  みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクトの活動報告について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  子どもの育ち・家庭応援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクトの活動報告について

 「将来進みたい分野を極めたい」、「地域を盛り上げる事業を起こしたい」など子どもたちが創意あふれる熱い思いをもとに、子どもたち自身が考え工夫し、自分たちの夢を具体的に実現する取組を応援する『みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト』を今年度から実施し、総数460件の夢が届き、最終審査の結果、3件の子どもたちの夢を採択することになりました。
平成30年度の募集案内はコチラ
 

採択者の皆さん

 ファイナリスト11件の子どもたちが7月21日(土)の最終審査会に進み、下記3件の子どもが採択となりました。      
  応募者名 所属(学校名)
学年
プロジェクトタイトル
内山 泰葉 四日市高校2年
→北星高校通信制
未来を創る   不登校生の挑戦
TAKADA Morning&Girls♡
(大杉綾香、大西萌 他3名)
高田中学校2年 国宝に指定された高田本山をPRするためのドラマをつくる。
伊勢工業高校建築研究部
(東浦颯 他7名)
伊勢工業高校2年 こども建築家展をやってみたい

(最終審査委員)
・みえ次世代育成応援ネットワーク 運営委員長 平松 俊範
(平松産業(株) 代表取締役)
・みえ次世代育成応援ネットワーク 運営副委員長 佐野 貴信
((株)サノプランニング代表取締役)
・四日市大学総合政策学部教授 鬼頭 浩文
・皇學館大学 教育開発センター助教 池山 敦
・株式会社Oasis(オアシス)代表取締役 小﨑麻莉絵
・東京大学教養学部2年 矢口 太一
・三重県子ども・福祉部 部長 田中 功      (計7名 敬称略)
 

取組結果

 採択された3組の子どもたちによる実践報告会を3月17日(日)開催の「三重県子ども条例講演会『考える』ことが好きになる」の中で実施しました。
 採択された子どもたちの夢実現に向けた取組概要は、下記「活動レポート」のとおりです。最終審査会に進んだファイナリストのうち、採択されなかった8件の子どもに対しても、みえ次世代育成応援ネットワークとして、可能な限り夢実現に向けた支援等を行いました。


活動レポート

 
内山 泰葉さん(県立北星高校通信制)

 
TAKADA Morning&Girls♡(高田中学校2年生)

 
伊勢工業高校建築研究部           こども建築家認定証贈呈式
 

実績費用及び委託先

プロジェクト基金 1,507千円
株式会社サンメック(企画提案コンペ方式による随意契約) 
 

みえの子ども応援プロジェクト第3期協賛者

情報システム・J・T株式会社、三重日産自動株式会社、井村屋グループ株式会社、
岡三証券株式会社津支店、JAグループ三重、株式会社百五銀行
株式会社三重銀行、株式会社第三銀行、三重県職員信用組合、
三重県信用金庫協会、三重交通グループホールディングス株式会社、株式会社ZTV、
福道建設株式会社、学校法人高田学苑、エイベックス株式会社
アポロ興産株式会社、有限会社たましん、株式会社赤福
御木本製薬株式会社、第27回日本外来小児科学会年次集会     (順不同、敬称略)
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 子どもの育ち・家庭応援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2269 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000224866