現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. ダム >
  5. 宮川ダム >
  6.  台風18号における宮川ダムの防災操作(洪水調節)の効果
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  建設・流域下水道事務所  >
  3. 松阪建設事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

台風18号における宮川ダムの防災操作(洪水調節)の効果

 宮川ダムでは、大雨の時に急激に増水する河川の水の一部をダムに貯める
防災操作(洪水調節)を行い、ダム下流域の洪水被害の軽減を図っています。

 今回の台風18号では、大台町に大雨警報が発表され、10月4日23時から6
日8時までの流域平均累計雨量が329ミリに達し、大和谷観測所における最
大時間雨量は73ミリを観測しました。(6日4時)

 この降雨により、6日4時44分宮川ダムに最大で毎秒1,434m3の流入が
発生しましたが、全量をダムに貯留し、下流への増水を低減しました。

 今回の防災操作により、宮川下流の度会郡玉城町内にある岩出水位観測所
地点では約1.86mの水位低減により、はん濫注意水位以下に抑える効果が
あったと推定されます。(速報のため数値は変更することがあります)


関連資料

岩出水位観測所地点の水位低減・効果(ハイドログラフ・放流状況写真を追加)(平成26年10月7日14時追加)(PDF(2680KB)) 関連資料

岩出水位観測所地点の水位低減・効果PDF(1274KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 松阪建設事務所 〒515-0011 
松阪市高町138(松阪庁舎5階)
電話番号:0598-50-0577 
ファクス番号:0598-50-0624 
メールアドレス:mkenset@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000018082