現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 子育て >
  5. みえ次世代育成応援ネットワーク >
  6.  第8回わくわくフェスタを開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

第8回子育て応援!わくわくフェスタ を開催しました。 


平成25年10月5日(土)・6日(日)、松阪市で、第8回子育て応援!わくわくフェスタを開催しました。

2日間で、延べ1万6千人のかたが来場され、子どもたちにはさまざまな体験をしていただきました。ありがとうございました。

これからも、みえ次世代育成応援ネットワークは、子育てを応援する企業や団体など多くのみなさんといっしょに、子どもと子育て家庭へエールを送っていきたいと思います。

    #           

オープニング 

 

#    #

主催者である三重県副知事とみえ次世代育成応援ネットワーク斎藤代表から ごあいさつ

#    

ボランティアでフェスタに参加してくれた高校生と大人、ネットワークキャラクターのみっぷる、松阪市のちゃちゃも、みえこどもの城のシルルとチャーレのみんなで、今回のテーマ 「松阪de ぎゅーッと!ハグくもう 家族の絆」を発表しました。
フェスタの開幕です。 
 

ステージ 

松阪ならではの鈴踊りや子どもたちのダンス、楽器演奏など、元気に練習の成果を発表しました。 
また、ヨガ体験ではのびのびと体を伸ばしたり、大学のお兄さんお姉さんが披露する手品にわくわくしました。松阪クイズ大会にはたくさんの子どもが参加して、楽しみながら松阪について知ることができました。

# #

# #

# #

#

 

出展ブースのようす 

 

お仕事体験

みえこどもの城の館内では、16の企業が、お仕事体験を提供しました。

#  #

#    #

 

遊び、工作体験

各出展者が企画したあそびや工作など、いろんな体験をしました。また、小学生による子どもフリーマーケットが開催されました。

# #

# #

 

 

ドームシアター

 みえこどもの城内のドームシアターでは、企業のお仕事紹介の発表や、シルルとチャーレが宇宙の不思議を旅する映像番組が投影されました。

 # #

 

こどもスタッフ

当日、100人を超える子どもが、フェスタのスタッフとしてお仕事体験しました。黄色いスカーフが子どもスタッフのしるしです。勇気を出して、知らない人にプログラムを渡したり、大きな声であいさつしたり。
こどもスタッフのみなさん、ありがとうございました!

#                                    

 

スタンプラリー 

会場内にあるポイントはどこかな?ヒントの「みっぷるマーク」を探して、スタンプを押しました。たくさんの子どもたちが参加しました。

#

  

ありがとう

 

出展者のみなさん ありがとうございました!

 

 

 

わくわくフェスタにご協力いただいたみなさま

わくわくフェスタは、たくさんの方のご協力を得て開催しました。ありがとうございました。

  ■運営等にご協力いただいた皆様
<実行委員会>
旭電気株式会社、有限会社イスキナ、株式会社インターナショナル・コントリビューション、特定非営利活動法人Mブリッジ、株式会社第三銀行、千巻印刷産業株式会社、株式会社司、有限会社野瀬商店、橋本電子工業株式会社、平松産業株式会社、特定非営利活動法人松阪子どもNPOセンター、松阪商工会議所、学校法人めぐみ学園まつさか幼稚園、三重県中小企業家同友会、ミズ・ネットワーク松阪、株式会社ワラック
<駐車場提供>
ウッドピア松阪協同組合、健栄製薬株式会社、株式会社ノリタケカンパニーリミテド、松阪精工株式会社、三菱重工オートモーティブサーマルシステムズ株式会社
<ボランティア参加>
彩華、株式会社井上、株式会社エスト、F・テクノ有限会社、元坂酒造株式会社、米育CLUB、株式会社サカキL&Eワイズ、サンユー技研工業株式会社、有限会社清水商会、下津醤油株式会社、有限会社深緑茶房、株式会社直三衣裳店、冨士美装、松阪北部商工会、三重県商工会議所連合会、NPO法人三重みなみ子どもネットワーク、有限会社山路工務店、相可高等学校、久居農林高等学校、三重高等学校、皇學館大学、公衆衛生学院、高田短期大学、みえの子育ちサポーター、ねこの手組
<広報協力>
松阪ケーブルテレビ・ステーション株式会社

■みっぷる協賛金にご協力いただいた皆様
株式会社アイティービー、旭電気株式会社、NPO法人a trio、アポロ興産株式会社、株式会社五十嵐建設、株式会社岩間化学、株式会社インターナショナル・コントリビューション、学校法人梅村学園、有限会社エスト、F.テクノ有限会社、エリートクリーニング株式会社、エンゼルキッズ、おおしま家大工店株式会社、合名会社太田商店、有限会社大玉溶材、株式会社ぎゅーとら、皇學館大学、株式会社交通構造コンサルタンツ、医療法人(社団)佐藤病院、株式会社佐野鉄工、三恵運送株式会社、サンユー技研工業株式会社、JAグループ三重、株式会社地主共和商会、一般財団法人食品分析開発センターSUNATEC、人財ポケット ひさい、新日本工業株式会社、有限会社深緑茶房、瑞宝産業株式会社、有限会社寿し萬、学校法人鈴鹿医療科学大学、鈴鹿短期大学、大王運輸株式会社、株式会社第三銀行、株式会社大鵬堂、高田短期大学、株式会社タケコシ商事、株式会社田中孝建築設計事務所、株式会社ちなみ、千巻印刷産業株式会社、株式会社司、株式会社東亜機工、株式会社東洋レーベル、有限会社ナカムラ、有限会社二軒茶屋餅角屋本店、日印食品開発有限会社、日本赤十字社三重県支部、日本土木工業株式会社、日本トランスシティ株式会社、有限会社野瀬商店、株式会社ビコーインプレス、株式会社百五銀行、有限会社平野商会、株式会社ヒラマツ、平松産業株式会社、福道建設株式会社、冨士美装、プラトンホテル四日市、株式会社サカタ、前川晶税理士事務所、マックスバリュ中部株式会社、松阪ケーブルテレビ・ステーション株式会社、特定非営利活動法人松阪子どもNPOセンター、松阪市商店街連合会、公益社団法人松阪法人会、株式会社松阪マツダ、有限会社丸八食品、まるみ食品、株式会社まるよし、三重化糧株式会社、株式会社三重銀行、一般社団法人三重県鍼灸師会、三重県豆腐商工組合、三重中央開発株式会社、株式会社ミツイバウマテリアル、三浜紙器株式会社、株式会社明治三重エリア支店、吉川建設株式会社、株式会社リフォックス、株式会社六晃電気産業

■景品提供のご協力をいただいた皆様
株式会社おやつカンパニー、卸販売会社野崎トーイ、プレビ株式会社ママスマイル四日市 

 

 

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2404 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050512