現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 学校教育 >
  6. 授業用資料 >
  7.  縄文時代の食事模型
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

縄文時代の食事模型

縄文時代の食事を体感!

出前授業で活用しているようす 昔の人はどんなものを食べていたのかな?
 研究成果をもとに縄文時代の食事を復元してみました。
 食器は新徳寺遺跡(多気町)から出土した土器を観察し、実際に粘土を焼いて製作しました。
 中身のメニューは本物の食材を型どりして合成樹脂を使ってつくりました。
左が「深鉢(ふかばち)」、右が「浅鉢(あさばち)」という土器です。
深鉢の食事メニュー:
魚(アイナメ)・鳥肉・ワカメ・ヤマノイモの煮物
浅鉢の食事メニュー:
クリ・クルミ・アサリのむき身をほしたものと、
「縄文クッキー※」
※「縄文クッキー」:ドングリなどの木の実の粉、ヤマノイモ、肉の細切れや卵などを混ぜて焼いたもの
 
 教材をつかった授業案や、三重県埋蔵文化財センターが発掘調査した縄文時代の遺跡については、平成27年度に三重県埋蔵文化財センターが刊行いたしました『教材の開発と授業実践』をご覧ください。(4~6ページ)

冊子のPDFはこちらからダウンロードしてください(PDF形式 9.92MB)。
※データの表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。

教材のご利用にあたって

 教材のみの貸し出しは現在行っておりません。
 三重県埋蔵文化財センターから出前授業やイベントなどで学校へお伺いする際に、ご希望いただければ職員がお持ちいたします。
 また、これら教材を使用した授業も行っております。ご相談ください。
 出前授業のお申し込みは電話でも承っております。内容などについてもお気軽にご相談ください。
 
出前授業の申し込みについてはこちら 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000181659