現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 獣害対策 >
  5. 獣害対策研究 >
  6.  総合的な獣害対策モデル集落の現地実証
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農業研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

総合的な獣害対策モデル集落の現地実証

獣害対策については施設整備のみに頼るのではなく、また、特定の個人だけが努力するのでもなく、被害地域の住民の多くが、少しづつでも参加し、集落ぐるみで被害対策を実施することで、その効果が発揮されます。

三重県では、行政、普及、研究機関が連携し、

  1. 獣のエサ場を作らない
  2. 獣の隠れ場所を作らない
  3. 囲えるものは出来る限り囲う
  4. 獣を見たら必ず追い払う(獣に人里は怖いと学習させ・驕j

という獣害対策の4か条を集落全体で実施できる「獣害につよい集落」を育成しています。

農業研究所では、それら集落の技術的指導も行いつつ、集落の被害状況や被害対策の実施程度などを把握し、集落が実施できる具体的な処方を構築しています。

県内モデル集落の状況(平成19年度の取り組み)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農業研究所 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6354 
ファクス番号:0598-42-1644 
メールアドレス:nougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000051653