現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 地域医療 >
  5. 病床機能報告 >
  6.  令和元年度病床機能報告
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 医療政策課  >
  4.  医療計画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県における医療機能ごとの病床の現状(令和元年度病床機能報告)

平成26年10月、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)により改正された医療法(昭和23年法律第205号)に基づく病床機能報告制度が始まりました。

病床機能報告制度とは、一般病床・療養病床を有する病院・診療所が、当該病床において担っている医療機能の現状と今後の方向について、病棟単位で、「高度急性期機能」、「急性期機能」、「回復期機能」及び「慢性期機能」の4区分から1つを選択し、その他の具体的な報告事項とあわせて、毎年都道府県に報告する仕組みです。

 

病床機能報告(厚生労働省)

医療機能区分

※左右にフリックすると表がスライドします。

高度急性期 〇急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、診療密度が特に高い医療を提供する機能
急性期 〇急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、医療を提供する機能
回復期 〇急性期を経過した患者への在宅復帰に向けた医療やリハビリテーションを提供する機能
特に、急性期を経過した脳血管疾患や大腿骨頚部骨折等の患者に対し、ADLの向上や在宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に提供する機能(回復期リハビテーション機能)
慢性期

〇長期にわたり療養が必要な患者を入院させる機能
〇長期にわたり療養が必要な重度の障害者(重度の意識障害者を含む)、筋ジストロフィー患者又は難病患者等を入院させる機能

 

令和元年度病床機能報告

2019年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

構想区域ごとの病床の状況

※左右にフリックすると表がスライドします。

構想区域 高度急性期 急性期 回復期 慢性期 休棟等 地域別合計
桑員

27

936

110 551

19

1,643

三泗

646 989

558

587 33

2,813

鈴亀

293

729

246

639

7

1,914

527 1,555 649

718

102

3,551

伊賀

0

840

90

116 19

1,065

松阪

402 926 342

419

37

2,126

伊勢志摩

313

951

298

394

48

2,004

東紀州

0

381 156 305 24

866

総計

2,208

7,307

2,449

3,729

289

15,982

(注)上記は、許可病床数として報告された数値で、休止中や廃止予定の医療機関などの数値は含まれていません。 
 

医療機関ごとの病床の状況等

後日掲載します。

 

前年度の病床機能報告との比較

区域名をクリックすると、平成30年度病床機能報告時(2018年7月1日時点)及び令和元年度病床機能報告時点(2019年7月1日時点)の各区域内の許可病床集計と、2025年7月1日時点に予定する許可病床数として令和元年度病床機能報告で報告いただいた集計をご覧いただけます。

※左右にフリックすると表がスライドします。

二次医療圏 構想区域 構成自治体
北勢医療圏 桑員 桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町
三泗 四日市市、菰野町、朝日町、川越町
鈴亀 鈴鹿市、亀山市
中勢伊賀医療圏 津市
伊賀 名張市、伊賀市
南勢志摩医療圏 松阪 松阪市、多気町、明和町、大台町、大紀町
伊勢志摩 伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、南伊勢町
東紀州医療圏 東紀州 尾鷲市、熊野市、紀北町、御浜町、紀宝町
 
 

これまでの病床機能報告の結果

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 医療政策課 医療計画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-3374 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:iryos@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000242926