現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 各種制度(妊娠・子育て) >
  5. 制度一覧 >
  6.  保育士試験にかかる手続きについて
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  幼保サービス支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえ 子ども スマイルネット

保育士試験にかかる手続きについて

保育士試験受験資格証明書の発行

保育士試験を受験するには、児童福祉法施行規則第6条の9の規定に基づき、知事による受験資格認定が必要な場合があります。
  保育士試験受験資格の知事認定を希望する方は、「受験資格認定申請書」、下記のうちから勤務していた施設に該当する様式をダウンロードし、必要事項を記入・押印の上(各勤務証明書は施設が記入・押印)、添付資料とともに少子化対策課あてに郵送してください。
  ※認定には2週間程度かかります。
  ※認定には条件がありますので、申請書を送付する前に少子化対策課(059-224-2268)あてに電話で確認してください。

【送付先】〒514-8570 津市広明町13番地
     三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 あて
     ※「保育士試験受験資格認定申請 在中」と封筒に記入してください

受験資格認定申請書
 

勤務証明書

※各証明書は両面印刷して記入してください。

① 認定こども園勤務証明書(幼稚園型・地方裁量型)
② 幼稚園勤務証明書
③ 家庭的保育事業勤務証明書
④ 小規模保育事業勤務証明書
⑤ 居宅訪問型保育事業勤務証明書
⑥ 事業所内保育事業勤務証明書
⑦ 放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)等勤務証明書
⑧ 一時預かり事業勤務証明書
⑨ 離島その他において特例保育を実施する施設勤務証明書
⑩ 小規模住居型児童養育事業勤務証明書
⑪ 障害児通所支援事業勤務証明書
⑫ 一時保護施設勤務証明書
⑬ 障害者支援施設・指定障害福祉サービス事業所勤務証明書
⑭ 認可外保育施設勤務証明書
⑮ 児童福祉施設勤務証明書(知事認定用)
 

 

合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書の発行

通常3年間(合格した年を含む)の合格科目の有効期間を、対象施設において対象期間内に所定の勤務期間及び勤務時間、児童等の保護または援護もしくは幼児の教育(保育)に直接従事した場合、最長5年まで延長することができます。対象施設のうち、認可外保育施設に勤務又は勤務していた方で、過去に保育士試験で合格した科目について免除期間の延長を希望する場合には、以下の手順で証明書の申請をしてください。
 

手続きの流れ

1.勤務又は勤務していた認可外保育施設が対象施設かどうかを、少子化対策課(059-224-2268)に確認してください。
2.対象施設だった場合、施設に「合格科目免除期間延長申請用勤務証明書」(保育士試験受験申請の手引きに同封の様式)の作成を依頼し、受領します。
3.「合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書発行申請書」の1と2の部分を受験者が記入し、以下の書類一式を【送付先】あてに送付してください。
 ・合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書発行申請書
 ・合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書(1と2のみ記入)
 ・合格科目免除期間延長申請用勤務証明書(写し)
 ・返信用封筒(A4三つ折りが入る封筒に切手84円分を貼り付けたもの)
 【送付先】
  〒514-8570 津市広明町13番地
  三重県 子ども・福祉部 少子化対策課
4.受験希望者が合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書を添付し、保育士試験事務センターに受験申請を行ってください。

 合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書発行申請書(PDF)
 合格科目免除期間延長申請用認可外保育施設証明書(PDF)
 

問い合わせ先 

保育士試験事務センター (電話 0120-4194-82)
受付時間:祝日を除く月曜日~金曜日の午前9時30分から午後5時30分まで

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 幼保サービス支援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2268 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000117589