現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 国勢調査 >
  6. 平成17年国勢調査 >
  7.  産業別人口
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  人口統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

産業別人口

前へ次へ

産業大分類別従業者数

就業者を産業大分類別にみると、製造業が227,750人でもっとも多く、就業者全体に占める割合は24.7%と4分の1近くを占めています。ついで卸売・小売業が150,330人で16.3%、サービス業が117,594人で12.7%、建設業が77,711人で8.4%という順になっています。

産業別の就業者割合を全国と比較すると、製造業の割合が7.4ポイントも高く、製造業が盛んであることがわかります。それに対して卸売・小売業、サービス業の割合がともに1.6ポイント低くなっています。

<表31,図11>

図11

産業3部門別就業者

就業者を産業3部門別にみると、第1次産業就業者は45,103人で、就業者全体に占める割合は4.9%、第2次産業就業者は306,113人で、33.2%、第3次産業就業者は557,537人で、60.4%となっています。男女別にみると、男女とも第3次産業の割合が1番高くなっています。第1、第2次産業は男の方の割合が高いですが、第3次産業では女が72.6%と4分の3近くを占め、男の割合を大きく上回っています。

就業者割合を全国と比較すると、三重県は第2次産業の割合が高く7.1ポイント上回っていますが、第3次産業の割合が低く6.8ポイント下回っています。

<表32,図12>

図12

地域別産業3部門別就業者

産業3部門別就業者割合を地域別にみると、第1次産業は熊野地域が13.3%で最も高く、四日市地域が2.1%で最も低くなっています。第2次産業では鈴鹿・亀山地域が38.9%で最も高く、熊野地域が21.9%で最も低くなっています。第3次産業では、津・久居地域が66.3%で最も高く、鈴鹿・亀山地域が54.8%で最も低くなっています。

<表33,図13>

図13

前へ次へ


表31

表32

表33

前へ次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 人口統計班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014510