現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 公共事業総合 >
  5. 三重県公共事業評価制度 >
  6.  三重県公共事業評価制度について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 公共事業運営課  >
  4.  公共事業運営班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県公共事業評価制度について

公共事業評価制度は、事前評価・再評価(事中評価)・事後評価の各評価システムによる一体的に機能した評価サイクルの構築を図ったものであり、公共事業のより効率的、効果的な実施や透明性の向上を目的としています。

事前評価~再評価(事中評価)~事後評価 各評価システムについて

三重県公共事業評価制度」について

公共事業事前評価システム」について

平成14年度から導入し、「公共事業実施箇所の公表」と併せて評価表をHPにて公表しています。

公共事業再評価システム」について

平成10年度から導入し、事業採択後一定期間を経過した後も未着工であったり継続中の事業を対象として、「継続」「中止」の対応方針を決定しています。

令和元年度までに、公開による三重県再評価審査委員会の審査を経たうえで、延べ404の個別事業(県事業)の対応方針を決定し、延べ393事業を継続し、11事業を中止しています。

中止11事業の内訳

林道開設事業2,農地防災ダム事業1,漁港修築事業1,河川総合開発事業4,港湾事業3

公共事業事後評価システム」について

公共事業の評価は、事業の計画時から完了後の一貫した評価が効率性、透明性の向上を図るうえで必要であり、本県においては、平成15年度に諮問委員会に関する条例や事後評価要綱等を制定しました。
 平成15年度から令和元年度までに104事業の事後評価を実施しています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 公共事業運営課 公共事業運営班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2915 
ファクス番号:059-224-3290 
メールアドレス:jigyos@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000029730