現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 農山漁村振興 >
  5. 農山漁村振興総合 >
  6.  ジャパンエコトラック伊勢熊野
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農山漁村づくり課  >
  4.  農山漁村活性化班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

ジャパンエコトラック伊勢熊野

このHPでは、「ジャパンエコトラック伊勢熊野」に関する情報を随時発信していきます!

★新着情報★-------------------------------------------------------------------------

2023.11.2 「バイク&ハイク三重紀北2023」募集期間延長しました!

 若干定員にまだ余裕があるので、11月12日(日)まで申し込み期間を延長しました。
 参加を迷っているみなさま、ぜひご参加ください。お待ちしております。
 ●お申し込みは、こちらから↓
    https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/93065

2023.8.25 「バイク&ハイク三重紀北2023」参加者募集中!
 11月18日(土)に、ジャパンエコトラック伊勢熊野「紀北ゾーン」において、自転車とトレッキングを組合わせたスポーツイベントを開催します。
 当協議会、3回目となるイベント。みなさまふるってご参加ください!

【大会公式HP】
 https://www.pref.mie.lg.jp/NOZUKURI/HP/m0278100161.htm

===============================

1 ジャパンエコトラックとは

 ジャパンエコトラックは、ジャパンエコトラック推進協議会(事務局:㈱モンベル)が提唱しているもので、“365日いつでも自然を体感し、地域の歴史や文化を味わい、人々との交流をはかりながら、トレッキングやカヌー、自転車などの人力で移動する新しい旅のスタイル”です。
 このコンセプトに沿った周遊ルートの提案によって、地域の観光資源の再認識や発見につながるとともに、旅行者と地域との関係を親密なものにし、リピーターの獲得や口コミ効果によるさらなる観光振興が期待できます。
 三重県では、自然体験の促進を通じて地域活性化を図る「三重まるごと自然体験」の一環として、ジャパンエコトラックの登録に取り組み、平成30年9月に伊勢熊野エリアがジャパンエコトラックの公式エリアに登録されました。
 現在、全国で29エリアが公式エリアとして登録されています。

伊勢 熊野(三重県)|エリア一覧|ジャパンエコトラック公式サイト|JAPAN ECO TRACK



 

2 登録によるメリット

 ジャパンエコトラックに登録することにより、「統一されたデザインの公式ルートマップ」でルートの情報や周辺地域の魅力を発信し、国内外からの旅行者を中心に多くの人々の来訪を促すことが可能となりました。
ルートマップは、アウトドアに関心の高いモンベル会員約110万人に直接発信されるほか、全国約120店舗のモンベルショップでの掲出や公式HPでも広く一般に向けて情報発信されています。
 また、登録によってジャパンエコトラック伊勢熊野の知名度や関心が高まっており、モンベル会報誌「アウトワード」で紹介されるほか、ANAセールスによるジャパンエコトラック伊勢路を歩くツアーが行われたこともあります。
 

3 登録後の取組

 ジャパンエコトラックは、ルートマップの作成や登録そのものが目的ではなく、登録後も公式ルートを活用したツアーの実績を積み重ねるなど、地域の魅力を継続的に発信することが求められています。
 このため、市町と県による協議会を設置し、ジャパンエコトラックの継続的な情報発信に向けて、様々な取組を進めています。

(1)ルートマップ設置
   全国約120店舗のモンベルショップに「ジャパンエコトラック伊勢熊野」のルートマップを設置し、
  アウトドアに関心の高い約110万人のモンベル会員へ効果的な情報発信を行っています。
 
(2)ルートを活用したイベントの開催

ジャパンエコトラック伊勢熊野ライド2022 in宮川・香肌峡ルート
 令和4年5月29日(日)開催



三重県 熊野・紀宝 カヌー&SUP川下りフェスティバル2023
 令和5年5月21日(日)開催


(3)情報発信
  各種アウトドアイベント等に出展し、ジャパンエコトラック「伊勢 熊野」のPRを行っています。
 

4 三重県ジャパンエコトラック推進協議会について

(1 )設立趣旨
 三重県では、自然体験の促進により地域の活性化をめざす「三重まるごと自然体験構想」を実現するため、「三重まるごと自然体験ネットワーク」の設置等の環境整備、自然体験プログラムの開発や磨き上げへの支援、人材育成のための研修参加への支援及び県内外での情報発信に努めています。
 これらの取組を一層強化し、地域の受け入れ態勢の充実に向けた気運を醸成するためには、自然を快適に満喫できる周遊ルート情報を整備・発信していく必要があることから、三重の自然の特色である“熊野古道”や“熊野灘”などを巡るルートを「ジャパンエコトラック」の公式ルートとして登録しました。
ジャパンエコトラックの活用を通じて、本県の自然及び自然体験の認知度向上、交流人口の拡大等をめざすこととし、その推進のため三重県ジャパンエコトラック推進協議会を令和元年度に設立しました。
 
(2 )協議会の構成員
 趣旨にご賛同いただいた市町及び県
 (現在の構成員:松阪市、大台町、紀北町、熊野市、紀宝町、県(事務局))
 
(3) 取組概要
 ・ジャパンエコトラックを活用した情報発信に係る取組
 ・地域の受入体制の充実に向けた取組

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農山漁村づくり課 農山漁村活性化班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2518 
ファクス番号:059-224-3153 
メールアドレス:nozukuri@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000277662