現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 市町村 >
  4. 市町の財政 >
  5. 市町財政の現状 >
  6.  平成30年度県内市町の普通会計決算・健全化判断比率等の概要(確報)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 市町行財政課  >
  4.  財政第2班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年11月30日

平成30年度県内市町の普通会計決算・健全化判断比率等の概要(確報)

 三重県内市町の平成30年度普通会計決算及び健全化判断比率等の概要(確報)を公表します。
 令和元年9月末に公表しました速報から、数値の異動はありません。

1 普通会計決算の状況
(1)決算規模・決算収支
  ① 歳入総額 7,771億9,549万円
     諸収入や地方交付税が減少した一方、地方税や繰入金、地方消費税交付金が増加したことな
    どから、前年度に比べて211億7,982万円(2.8%)増加しました。
  ② 歳出総額 7,554億1,284万円
     貸付金や扶助費が減少した一方、普通建設事業費や積立金が増加したことなどから、前年度
    に比べて195億4,822万円(2.7%)増加しました。
  ③ 実質収支 合計170億4,721万円
     昭和63年度以降31年連続で全団体の実質収支が黒字となりました。

(2)財政分析指標等
  ① 経常収支比率 県平均89.5%
     前年度に比べて1.7ポイント低下しました。
  ② 積立金現在高 2,469億6,109万円
     前年度末より28億3,459万円(1.2%)増加しました。
  ③ 地方債現在高 6,914億4,023万円
     前年度末より74億1,851万円(1.1%)増加しました。

2 健全化判断比率等の状況
(1)実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率
    いずれも早期健全化基準以上の団体はありません。

(2)資金不足比率
    経営健全化基準(20%)以上の公営企業会計はありませんが、尾鷲市の病院事業会計では資金
   不足額が発生し、資金不足比率は3.3%となっています。

※ その他概要につきましては、別添資料のとおりです。

(参考)健全化判断比率に係る早期健全化基準(市区町村)
  ・実質赤字比率:財政規模に応じて11.25%~15%
  ・連結実質赤字比率:財政規模に応じて16.25%~20%
  ・実質公債費比率:25%
  ・将来負担比率:350%

関連資料

  • 平成30年度県内市町の普通会計決算及び健全化判断比率等の概要(確報) (PDF(669KB))
  • 別紙1 団体別決算状況等一覧 (PDF(131KB))
  • 別紙2 団体別健全化判断比率 (PDF(131KB))
  • 別紙3 団体別公営企業会計別資金不足比率 (PDF(78KB))
  • 別紙4 団体別健全化判断比率等推移表(H29-H30) (PDF(152KB))
  • 参考資料1 財政用語の説明(PDF(174KB))
  • 参考資料2 健全化判断比率及び資金不足比率に関する解説(PDF(2MB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 市町行財政課 財政第2班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2173 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shichos@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000232680