現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4. 三重の観光 >
  5.  「三重ならでは」の体験型コンテンツの磨き上げに取り組む事業者の募集(第2弾)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光資源課  >
  4.  観光資源班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和04年09月12日

「三重ならでは」の体験型コンテンツの磨き上げに取り組む事業者の募集(第2弾)

県では、三重県を訪れた旅行者が宿泊施設等を拠点に滞在を楽しむ「拠点滞在型観光」の先進地として新たなブランドを確立するため、「三重ならでは」の体験コンテンツの磨き上げに取り組む事業者を追加募集します。
※第1弾は令和4年5月21日(土)から6月10日(金)に募集。

1公募内容
(1)概要
全国の「売れる体験型コンテンツ」を熟知する専門家等が県内で実施する「三重ならでは」の体験コンテンツの磨き上げを支援します。
〇体験型コンテンツの磨き上げに係る支援
・専門家等による伴走型のアドバイス
・ガイド人材の育成研修
〇完成した体験型コンテンツに係る支援
・観光三重やプロモーション動画、ガイドブックを活用したプロモーション
・モデルツアーの販売

 ※体験コンテンツの完成時期により変更になる場合があります。
 
詳細は添付【公募要領】をご確認ください。
上記にかかる経費は、すべて事務局が負担しますが、事務局を介さずに、事業者独自の判断によって行った体験型コンテンツの磨き上げ、プロモーション等に関わる費用はこの限りではありません。

(2)対象事業者
以下の(ア)から(エ)までを全て満たす者を対象事業者とします。
(ア)県内の地方公共団体、県内の観光地域づくり法人(DMO)、県内の観光協会、民間事業者(個人事業者を含む)であること。ただし、民間事業者が実施する場合は、地方公共団体、観光地域づくり法人(DMO)、観光協会等と連携すること。
(イ)既存の体験コンテンツの商品性及び受入態勢を見直し、商品単価のアップや利用者数のアップを図り、売上拡大を希望する意欲があること。
(ウ)磨き上げしたコンテンツを次年度以降も自発的にブラッシュアップしながら、継続に運営、販売を実施していく意欲があること。
(エ)地方公共団体以外が事業主体になる場合は「みえ安心おもてなし施設認証制度」へ登録すること。

(3)体験コンテンツのテーマ
文化・歴史、食、自然、ナイトタイム、サスティナブル

(4)採択数
5本以内

(5)申し込み方法
申請様式に記入のうえ、電子メールにより『「拠点滞在型観光×三重」ブランディングモデル事業事務局』(株式会社JTB 三重支店内)まで提出して下さい。
様式1(申請書)、様式2(体験コンテンツ概要)、様式3(体験コンテンツ企画シート)

申請先メールアドレス:miryokumie@bsec.jp

(6)申し込み期間
令和4年9月13日(火)から9月20日(火)17時まで [締切厳守]

2問い合わせ先
「拠点滞在型観光×三重」ブランディングモデル事業事務局
(株式会社JTB 三重支店内)
TEL:080-4922-9205(平日9:30-17:30(土日祝日を除く。))
E-mail:miryokumie@bsec.jp

関連資料

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 観光資源課 観光資源班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-3116 
ファクス番号:059-224-2801 
メールアドレス:kankoshi@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000266136