現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 平成14年度 >
  6. 平成14年度当初予算(一般会計)のポイント >
  7.  新価値創造予算枠の創設
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新価値創造予算枠の創設

ポイント

(1) 21世紀に向けて新しい価値を創造するための事業を構築する特別の枠を創設
(2) 事業の採択にあたっては、部局間での競争原理を働かせるコンペ方式を導入。
(3) 対象事業、審査基準を明確にし思い切った事業の展開を促し、予算の重点化を図る。
(4) 25の提案事業に対し、21事業(事業費で約22億円、一般財源で約21億円)の採択を決定。


対象事業の区分

(1) 「21世紀新パラダイムへの取組」に掲げる課題を解決することで、従来の体質から脱却し変革していくために必要な事業。
(2) 第2次実施計画において重点的に取り組む8分野の事業。
(3) 「21世紀政策提案(職員提案)」で提案された事業で、関係部局で平成14年度に予算化する事業。


審査方法

 三役等が下記に掲げる審査項目をもとに事業の優先順位をつけるとともに、後年度負担の状況などトータルコストの観点から当該事業が県財政に及ぼす影響を勘案して、事業の採択を決定しました。

項 目 着 眼 点 評  点
施策寄与度


戦 略 性

三重のくにづくり宣言の施策目標の達成に十分効果がある取組となっているか。
行政経営品質向上活動を踏まえ、目標達成のための「選択と集中」が行われているか。
5点:特に優れている
4点:かなり優れている
3点:やや優れている
2点:普通
1点:劣っている
【評点ウエイト】
施策寄与度・戦略性
×4
 
改革度・独創性
×3
 
緊急性・費用対効果
×3
改 革 度


費用対効果

従来の体質から脱却し新たなパラダイムの転換に対応した取組となっているか。
生活者起点の考え方にたち、思い切った発想にもとづく新鮮味のある取組となっているか。
緊 急 性

費用対効果

厳しい財政状況の中で緊急に行う必要のあるものか。
かける費用に見合うだけの効果が見込まれるものとなっているか。


新価値創造予算コンペ事業結果一覧


目次へ 前へ次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034563