現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. ダム >
  5.  ★ダムカードを通じてダムへの理解を広げたい!★
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 防災砂防課  >
  4.  ダム班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

★ダムカードを通じてダムへの理解を広げたい!★


                 hadam

クラウドファンディングは終了いたしました!
当クラウドファンディングは9月30日(日)をもって募集を終了いたしました。
皆様のおかげで今後ダムカードを作成することができます。
本当にありがとうございました。


ダムカードを作成するための寄付金を募集します!
私たち県土整備部が管理するダムのことをより知っていただき、ダムをPRするためのダムカードを作成することにご賛同いただける方から、クラウドファンディングにより寄付金を募集します。
クラウドファンディングにより皆様からご支援いただいた寄付金は、ダムカードを印刷するために活用します。

◎用語説明1
「ダムカード」って何?
 ダムをより知っていただくために、ダムを来訪いただいた方を対象にダムカードを配布しています。表面にはダムの写真、裏面にはダムの情報を掲載しています。(サイズ:88mm×63mm)
 

      kim   kimg 
              君ヶ野ダムver.3.0 (2016.10)

        ※カードに記載されているアルファベットの意味
         F:洪水調節 N:不特定用水 W:上水道用水 I:工業用水
         P:発電 G:重力式ダム


■対象となるダム
宮川ダム
君ヶ野ダム
 
■募集期間
平成30年6月1日(金)~平成30年9月30日(日)
※目標額に達した場合、募集期間内であっても、募集を終了します。
 
寄付金を募集する趣旨
「ダムのことをもっと知ってほしい」
三重県では、ダムを訪れていただいた方へのダムPRとしてダムカードを配布しています。
おかげさまで、たくさんの方がダムへ訪れていただいていますが、ダムカードを作成する事業へのご支援を通して、ダムのことをさらに知っていただきたいため、ダムの役割やダム管理職員の仕事を紹介します。
 
■ダムの役割や仕事の紹介
台風などの大雨の時、ダム下流の皆様の浸水被害を軽減させます!
台風などの大雨の時、浸水被害を軽減させるための「洪水調節」を適切に行うように様々な活動を行っています。

◎用語説明2
「洪水調節」って何?
 河川の流水が堤防からあふれないようにダムで洪水量を調節することです。
 洪水調節では、ダムへ流入するすべての水を貯めるわけではなく、下流河川が溢れないように放流する量を調節しています。

 
 
  miya

 
 
 
 
 


 
 

                宮川ダムにおける洪水調節のイメージ図

○大雨が降る前からダムの仕事は始まっています。
大雨が降ると予想される時は、様々な準備を行い、洪水調節を行います。
 
ステップ1 ダムへの流入量を予測します。
気象予報データや過去の経験から、どれだけの水がダムに入ってくるのかを予測します。

 
 
  kisyou

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ステップ2 放流前に警報活動を行います。
ダムへの流入量の予測の結果から洪水調節による放流を始める時間を決めます。そして、放流を開始する前に下流住民や河川利用者に対して、警報活動を行います。
keiho   kannri
 警報活動に使用する警報車       ダム管理事務所の操作室

 
ステップ3 洪水調節をします。
警報活動が完了しましたら、洪水調節のための放流を開始します。

       kouzui
      君ヶ野ダムにおける洪水調節の様子 平成29年10月22日

施設の点検や維持管理をしています。
ダムや貯水池などの施設を常に良好な状態となるように点検や維持管理を行っています。