現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 開発許可 >
  5. 許可制度の解説 >
  6.  2-8-1 開発許可の特例(法第34条の2)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建築開発課  >
  4.  開発審査班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

2-8-1 開発許可の特例(法第34条の2)

(開発許可の特例)

第34条の2 国又は都道府県、指定都市等若しくは事務処理市町村、都道府県、指定都市等若しくは事務処理市町村がその組織に加わっている一部事務組合、広域連合若しくは港務局(以下「都道府県等」という。)が行う開発行為(第29条第1項各号に掲げる開発行為を除く。)又は都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内における開発行為(同条第2項の政令で定める規模未満の開発行為及び同項各号に掲げる開発行為を除く。)については、当該国の機関又は都道府県等と都道府県知事との協議が成立することをもって、開発許可があったものとみなす。
 第32条の規定は前項の協議を行おうとする国の機関又は都道府県等について、第41条の規定は都道府県知事が同項の協議を成立させる場合について、第47条の規定は同項の協議が成立したときについて準用する。

〔解説〕

国の機関又は都道府県等が行う開発行為については、当該国の機関又は都道府県等と都道府県知事との協議が成立することをもって、開発許可があったものとみなすとされていることから、他の開発行為と同様に工事完了検査(第36条)、完了公告があるまでの建築制限(第37条)、開発行為の廃止届(第38条)のほか第33条、第34条の規定が適用される。

公社公団等の団体に対する本法令適用の特例については、表2-3を参照されたい。

表2-3 各種団体に対する準用規定(一覧)

準 用 規 定 法34条
の2
法35の2
1項ただし書
法42条
2項
法43条
3項
法80条
1項
団体設立法
条文
団 体 名












開発
許可
の特例
開発行為
の変更の
許可を要
しない主体
予定建築
物の制限
について
協議で足
りる

調整区域

での建築
制限につ
いての特例

報告勧告
援助等
独立行政法人都市再生機構 同法施行令
34-1-9
独立行政法人水資源機構         同法施行令
57-1-9
独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構 同法施行令
28-1-10
日本下水道事業団     同法施行令5-1-2
国立大学法人      
  ○
同法施行令22-1-28
独立行政法人国立高等専門学校機構        ○ 同法施行令
2-1-12
独立行政法人空港周辺整備機構   公共用飛行場周辺における航空機騒音による障害等の防止等に関する法律施行令14-1-2
地方住宅供給公社   同法施行令2-1-7
土地開発公社(※) 県等       公有地の拡大の推進に関する法律施行令
9-1-4
地方道路公社(※) 県等         同法施行令
10-1-7

(※)県、指定都市、中核市、特例市、事務処理市町村が設置するものに限る。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建築開発課 開発審査班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-3087 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:kenchiku@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000036111