現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 開発許可 >
  5. 通知・通達 >
  6.  5-1-25 都市計画法第32条に係る処理方針について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建築開発課  >
  4.  開発審査班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

5-1-25 都市計画法第32条に係る処理方針について

【平成11年3月23日 監第3346号 県土整備部監理課長から、各県民局建設部長あて】

標記の件について、別紙のとおり処理方針を定めましたので、ご周知方よろしくお願いします。

(別紙)都市計画法第32条に係る処理方針について

1 都市計画法第32条の同意について

平成11年4月1日付けをもって、都市計画法第29条の開発許可権限が四日市市、鈴鹿市、津市(鈴鹿市、津市は市街化区域のみ)に委任されることに伴い、都市計画課〔現行 建築開発課〕において開発申請者に対し都市計画法第32条の同意を徹底(開発許可申請に先立ち公共施設の管理者の32条同意は必要である)させることとなった。

当課においても法律の条項に従い、下記処理順序について徹底いたしたいので、周知いただきたい。

なお、開発区域内に用途廃止物件が含まれる場合についても、用途廃止申請とは別に32条申請は行うよう指導する。

〔32条同意〕
32条同意
                               ※財産管理者の知事は現行は「施設管理者」

2 用途廃止について

用途廃止は国有財産法上の処理に当たるため、従来通り行うこととし、用途廃止及び開発許可については、許可日調整を行う。

3 決裁区分の変更

四日市市の都市計画区域及び鈴鹿市、津市の市街化区域内〔現行 中核市、特例市、事務処理市町村区域内〕での、都市計画法第29条による開発許可申請に基づく32条同意(協議)、用途廃止の決裁権限については、開発面積の大小に関わらず、所管の建設部〔現行 建設事務所〕の専決とする。
 ただ、用途廃止面積が3万m2を超える時は建設大臣〔現行 国土交通大臣〕の承認が必要であるので、本課決裁とする。

4 都市計画法第32条の同意及び第40条第1項の相互帰属における留意点

都市計画法に基づく開発行為に伴う公共施設の取扱いについては、昭和47年8月1日付け建設省会発第686号建設大臣官房会計課長通達により指針を定めており、それに基づき以下のとおり処理を行うこととする。

なお、当該処理方針は平成11年4月1日以降取扱いを徹底することとする。

(1)  都市計画法第40条第1項に基づく相互帰属について

a 里道について

  • 通達の趣旨により極力道路認定(市町長からの確約は必ずとる)を行い、道路法第90条第2項に基づく無償貸付又は譲与の処理を速やかに行う。

b 水路について

  • 普通河川管理条例制定の市町については、市町が管理権を有するものと考えられるので、準用河川の認定等は要しない。
  • 普通河川管理条例制定のない市町については、通達の趣旨により極力下水道法第36条に基づく無償貸付又は譲与の処理を速やかに行うか、準用河川の認定(市町長からの確約は必ずとる)のできるところは行う。
     なお、いずれにも該当しない場合は、市町村長(機能管理者〔現行 施設管理者〕)より適正に管理を行う旨の確約をとり同意する。
(2)  機能のある里道・水路の存置について32条同意を行う場合

a 里道について

  • 極力道路認定を行うか、開発区域からの除外の指導は必要だが、やむを得ない場合は、市町長(機能管理者〔現行 施設管理者〕)より適正に管理を行う旨の確約をとり同意する。

b 水路について

  • 普通河川管理条例制定の市町村についてはそのまま存置する。
  • 極力下水道法第36条に基づく無償貸付又は譲与の処理・準用河川の認定、もしくは、開発区域からの除外の指導は必要だが、やむを得ない場合は、市町長(機能管理者〔現行 施設管理者〕)より適正に管理を行う旨の確約をとり同意する。
(3)  宅地開発条例における開発区域内での機能のある里道・水路の存置について

a 里道について

  • (2)aと同様の取り扱いとする。

b 水路について

  • (2)bと同様の取り扱いとする。
(4)  32条協議について
a 建設省〔現行 国土交通省〕国有財産部局長〔現行 施設管理者〕に協議を行う対象について
  • 道路法・河川法等特別法管理がなされている区域内に建設省〔現行 国土交通省〕所管法定外公共用財産〔現行 公共用財産〕が存する場合は、機能存置・相互帰属に関わらず、すべて協議を要し、道路法第90条第2項等に基づく無償貸付又は譲与の処理を速やかに行う。

b 特別法による譲与について

  • 32条協議を受けるに際し、道路法・河川法・下水道法等において権原の譲与が可能な場合は、優先して申請させるよう指導する。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建築開発課 開発審査班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-3087 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:kenchiku@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000036132