現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 担い手・新規就農 >
  5. 新規就農 >
  6.  みえの就農サポートリーダー制度
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 担い手支援課  >
  4.  担い手育成班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
 

みえの就農サポートリーダー制度

(1) 就農サポートリーダーとは
 
  農業に新規参入し定着するためには、栽培技術、農地・住居の取得や地域における信頼関係の構築が必要です。

これらの取組みを地域の中で中心となってサポート(以下「就農サポート」という。)していただく農業者等を、県が就農サポートリーダーとして登録します。

 なお、農業次世代人材投資資金(準備型)(研修期間中年間150万円を最長2年間、研修生に交付する制度)
の要件の1つに、県が認める研修機関、先進農家または先進農業法人において研修することがありますが、
県では、就農サポートリーダーは県が認める先進農家等として位置づけています。

(2) 就農サポートのイメージ

  #

(3) 就農サポートを受けるための要件

 就農サポートリーダーによるサポートを受ける方(就農希望者等)は、就農サポート終了後、原則、就農サポートを受けた市町内で、独立自営して農業経営を開始又は継続することが確実と見込まれ・髟福ナ、次の要件を全て満たす方とします。

① 就農予定時(既に就農している者にあっては就農時)年齢が原則45歳未満であること

② 就農サポート開始時点において、就農していない又は就農後3年未満であること

③   サポートを受けようとする就農サポートリーダー(法人等の場合は代表者)の親族(3親等以内)でないこと

(4) 手続き

① 関係機関への相談

 まず、(公財)三重県農林水産支援センターに相談してください。就農ビジョン、研修への準備状況等を聞かせていただき、必要に応じてアドバイスし、その後農業改良普及センターに繋ぎます。

② マッチング

 就農希望者等の希望を踏まえ、普及センターを通じて、就農サポートリーダーに対し、受入れを打診します。必要に応じて短期研修を受けていただき、就農サポートの開始について就農サポートリーダーと就農希望者等の意向を確認します。

③ 内容検討

 就農サポートリーダーと就農希望者等でサポート内容、受入条件等についてよく話し合っていただき、合意に至った場合は、就農サポートが開始されます。話し合いには、普及センター職員等が同席し、助言します。

(5) 農業改良普及センターによる就農サポート開始後の支援

① 市町及び関係機関と連携して、就農サポートリーダーの活動をフォローします。

② 就農5年目までの新規就農者に対し、経営目標達成のための支援を重点的に実施します。

 

(6)就農サポートリーダー登録状況

就農サポートリーダー登録状況

お問合せ先

連絡先 
   
<新規就農者を支援する制度へ戻る>

 (公財)三重県農林水産支援センターまでお問い合わせください。

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 担い手支援課 担い手育成班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2354 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:ninaite@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012805