現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. ライフイノベーション >
  5.  「VR機器を用いたソーシャルスキルトレーニングサービス」の活用を開始します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. ライフイノベーション課  >
  4.  メディカルバレー推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年11月20日

「VR機器を用いたソーシャルスキルトレーニングサービス」の活用を開始します

 本年11月末から、県立かがやき特別支援学校あすなろ分校において、発達障がい児支援のためのソーシャルスキルトレーニングにVR(バーチャルリアリティ)技術を活用する取組が、全国の特別支援学校で初めて開始されます。
 活用の開始にあたり、ソーシャルスキルトレーニングサービスの開発企業が知事を訪問し、報告を行います。
     
                  記

1 取組概要
(1)サービス(製品)名:「emou(エモウ)」
    対人関係の中でソーシャルスキルが必要なさまざまな場面を高精細VRで再現することで、これま
   でのワークシートやロールプレイでは再現できなかった相手の目線や表情、言動などをリアリティの
   ある体験型VRトレーニングとして提供する支援プログラムです。
(2)開発企業:株式会社ジョリーグッド(本社:東京都中央区日本橋堀留町1-8-11)
    人事採用活動向けの企業紹介VR、医師向けの手技学習VR、介護施設向けの研修用VRなど、
   VR技術を活用したソリューションサービスを提供する企業です。
(3)活用内容:
    県立かがやき特別支援学校あすなろ分校において、発達障がい児支援のためのソーシャルスキルト
   レーニングに「emou(エモウ)」を活用することで、支援の充実や商品の改良をめざします。
(4)備考:
    ソーシャルスキルトレーニングとは、「社会生活技能訓練」とも呼ばれ、対人関係を中心とする社
   会生活における技能などを高める方法であり、精神科領域、教育領域、就労支援関連領域、職場のメ
   ンタルヘルス等の産業領域など、さまざまな領域で実践されています。

2 報告会開催日時等
(1)日時:令和元年11月28日(木)10時45分から12時00分まで
      【スケジュール】
       10時45分から 報道機関に向けてのサービス等の説明(開発企業対応)
       11時00分から 活用開始報告会(~11時15分) ※報告会終了後、知事、教育長は退席
       11時15分から 報道機関からの活用に関する質疑等(学校長、開発企業対応)
(2)場所:県立かがやき特別支援学校草の実分校・あすなろ分校多目的室
      (津市大里窪田町340番地5)
(3)報告者:株式会社ジョリーグッド
        代表取締役CEO 上路 健介 氏 ほか
(4)対応者:三重県
        知事 鈴木 英敬
        教育長 廣田 恵子
        県立かがやき特別支援学校長 森井 博之
        医療保健部次長 三木 惠弘

本ページに関する問い合わせ先

       連絡先
医療保健部
ライフイノベーション課
担当者:川端、堀内
電話:059-224-2331
ファクス:059-224-2344
E-maillife@pref.mie.lg.jp

教育委員会事務局
特別支援教育課
担当者:谷口、遠藤
電話:059-224-2961
ファクス:059-224-3023
E-mailshienkyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000232470