現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農産園芸 >
  5.  >
  6. その他 >
  7.  経済的利用面積の比較
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 中央農業改良普及センター  >
  4.  専門技術室(茶普及課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

経済的利用面積の比較

・収量・単価の目標にもよりますが、同じ目標値での乗用摘採機(大型・小型)と可搬式摘採機との所得比較では、4~5ヘクタールで小型乗用摘採機が可搬摘採機を上まわり、大型乗用摘採機では6~7ヘクタール程度で上まわります。

機械化体系別農業所得(年間収量10アールあたり1,300キログラム)
機械化体系別農業所得
(年間収量10アールあたり1,300キログラム)
<条件>
荒茶平均単価 キロあたり1,864円
年間家族労働時間 年2,500時間以内
労働単価 時間あたり2,000円
機械化体系 摘採・整枝
機械化体系別農業所得(年間収量10アールあたり2,000キログラム)
機械化体系別農業所得
(年間収量10アールあたり2,000キログラム)
<条件>
荒茶平均単価 キロあたり1,580円
年間家族労働時間 年2,500時間以内
労働単価 時間あたり2,000円
機械化体系 摘採・整枝・防除

<<戻る  次へ>>

本ページに関する問い合わせ先

三重県 中央農業改良普及センター 専門技術室(茶普及課) 〒515-2316 
松阪市嬉野川北町530
電話番号:0598-42-6707 
ファクス番号:0598-42-7762 
メールアドレス:fukyuc@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052641