現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 職員採用 >
  5. 県職員・警察官等採用 >
  6. Q&A >
  7.  Q&A
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  人事委員会事務局  >
  3. 職員課  >
  4.  任用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県職員採用のご案内

Q&A

Q試験種目に昨年度からの変更点はありますか? 

現在のところ、大きな変更は予定していません。
  試験種目の詳細については、各試験の受験案内をご覧ください。
      なお、受験案内は、三重県職員採用案内ホームページでもご覧いただけます。

QA試験、B試験、C試験はどう違うのですか?
A A試験は大学卒業程度の問題による試験、B試験は短期大学卒業程度の問題による試験、C試験は高校卒業程度の問題による試験となっており、それぞれの受験できる年齢、試験区分は異なりますが、学歴は問いません。
 
Q警察官採用試験のA試験とB試験はどう違うのですか?
A 警察官採用試験は、学歴によって受験できる試験が決められています。警察官A試験は、大学を卒業した人(見込みを含む)、警察官B試験は警察官A試験の受験資格に該当しない人、つまり高校・短大などを卒業した人(見込みを含む)などが受験できる試験です。また、それぞれの試験の年齢要件を満たすことも必要です。
Q警察官試験を2回受験できますか?

A 警察官A試験については、1回目、2回目を実施しますので、両方とも受験することができます。
   警察官B試験については、1回のみの実施となります。
 なお、警察官A試験は大学を卒業した人(見込みを含む)、警察官B試験は警察官A試験の学歴要件に該当しない人を対象としていますので、警察官A試験と警察官B試験の両方を受験することはできません。

Q出身県、性別、転職等による有利・不利はありますか?
A 採用試験では、出身県、性別、学歴、職歴の有無などによる有利・不利は全くありません。受験資格が満たされていれば、すべての人に平等、公平な試験で合格者を決定します。
Q日本国籍が無くても受験できますか?
A 一部の試験区分(警察官・警察事務・建築等)を除き、受験していただけます。採用試験においては、国籍の違いによる取扱の差異はありません。ただし、採用後、日本国籍を有しない人は、公権力の行使又は公の意思の形成への参画に携わる職として任命権者が定める職に就くことはできません。詳しくは各試験の受験案内をご覧ください。
Q三重県(津市)以外でも受験できますか?
A C試験及び警察官B試験の第1次試験については、津市のほか、伊勢市、尾鷲市でも受験できます。ただし、第2次試験については、いずれの試験も津市で実施します。
Q年度によって試験が実施されないこともあるのですか?
A 退職者の状況などによって、年度によっては試験を行わない試験区分もあります。実施の有無、採用予定数については、それぞれの受験案内をご覧ください。
Q各試験の採用人数について教えてください。
A 各試験の採用予定人数は、試験ごとに作成する受験案内でお知らせします。各案内の配布時期までお待ちください。また、配布開始日以降、ホームページでもご覧いただけます。
Q条件付採用とはどのような制度ですか?
A 職員が採用された場合、直ちに正式採用となるのではなく、6カ月間を勤務し、職務を良好な成績で遂行したときに正式採用されるという制度です。
Q合格すると必ず採用されますか?
A 最終合格後、採用までに必要な資格・免許を取得していない場合や、公務員としての適性を欠く行為があった場合などには、採用されないことがあります。
Q採用後の配属先、異動はどうなりますか?
A 例えば知事部局の場合は、県庁または地域機関など、教育委員会の場合は、教育委員会事務局または高等学校など、警察本部の場合は、本部または警察署などに配属されます。その後は、本人の希望や適性などを考慮しながら、原則3~5年程度のサイクルで異動します。
Q専門を活かして研究業務に従事したいのですが…
A 県の組織としては、農業や工業などの試験研究を目的とした機関が設けられており、これらに配属されれば研究業務に従事することができます。しかし、在職中には、原則として人事異動があり、必ず研究業務に従事できるわけではありません。
Q希望部署への配属は可能でしょうか?
A 配属先は、本人の希望だけではなく、本人の特性や能力なども考慮して決定しています。そのため、本人の希望どおりにならないこともあります。
 ただし、採用後は年一回、異動希望を申告する機会がありますので、それにより希望部署に配属替えされる可能性はあります。
Q理系学部の出身ですが、行政の試験区分を受験できますか?
A 学校での専攻などに関係なく、本人の希望する試験区分で受験することができます。過去にも学校での専門分野以外の試験区分を受験し、合格している人もいます。
Q行政Ⅱの試験区分はどのような試験ですか?

A 行政Ⅱは、より多様で有為な人材を採用するために別枠で設けている試験区分です。
 行政Ⅱでは、例えば、海外での活動経験、民間企業経験、社会貢献活動経験を有する方など、特定の分野に偏らない幅広い受験者の中から、さまざまな視点・発想で物事を考え自ら行動できる人材を求めています。
 行政Ⅱは、試験の方法が次の点で行政Ⅰと異なります。
 

 ①受験年齢の上限 採用時32歳(行政Ⅰは29歳)
 ②試験種目 専門試験は課しませんが、エントリーシート試験及び自己アピール面接を課します。自身が培った能力・実績などをアピールしていただきます。

ページのトップへ戻る
Q行政Ⅲの試験区分はどのような試験ですか?

A 平成29年度は、三重県職員採用候補者A試験に新たな試験区分「行政Ⅲ」を設けます。
 行政Ⅲは、「三重とこわか国体」において、競技者として活躍が期待でき、国体後も引き続き競技スポーツや地域スポーツなどのスポーツ分野において、県推進の施策に取り組むことができる人材を採用するため、行政Ⅰ行政Ⅱとは別枠で新しく設ける試験区分です。
 行政Ⅲでは、トップアスリートとして培った知識や経験、競技者の視点を活かして、県の施策に積極的に取り組むことができる人材を求めています。
行政Ⅲは、試験の方法が次の点で行政Ⅰと異なります。
 ○試験種目 専門試験は課しませんが、エントリーシート試験及び自己アピール面接を課します。

 なお、受験資格、試験種目等の詳細については、試験の受験案内をご覧ください。

ページのトップへ戻る
Q複数の試験を申し込み、受験することはできますか?
A 試験の併願は、それぞれの受験資格を満たしていれば可能です。しかし、同じ試験の中での異なる試験区分の申し込み(例えばA試験の「行政Ⅰ」と「行政Ⅱ」等の併願)は試験日が同一となりますので、認められません。どれか1つだけの申し込みとなります。同様にB試験とC試験も試験日が同一となりますので、どちらかの試験だけの申し込みとなります。
Q申込み方法について教えてください。

A 申込みは次の方法で行うことができます。
1 インターネットから申込む。(詳細はこちら
2 県の機関で申込書を受け取り、簡易書留で郵送または持参。(配布機関はこちら)         
3 人事委員会事務局に申込書を郵送で請求し取り寄せ、簡易書留で郵送または持参。(請求方法はこちら)    
 インターネットを利用できる環境にある方は、できる限りインターネット申込みをご利用ください。なお、インターネット申込みは、申込受付最終日の正午までとなりますので、ご注意ください。

 郵送、持参による申込みは、申込書に必要事項を記入して、人事委員会事務局へ提出してください。申込書を書き間違えてしまった場合は、二重線で間違った箇所を消し、余白に正しいものを記入してください。
 郵送の場合、申込受付最終日の消印有効です。それを過ぎたものはいかなる理由があろうと受付できませんので、ご注意ください。

Q受験するのに特別な資格・免許が必要ですか?
A 一部の職種については、採用時までに指定された資格を有していないと採用されませんが、受験に際しては資格取得見込みであれば受験できます。
例えば、薬剤師、保健師、管理栄養士、司書などは、採用までにそれぞれ資格・免許が必要です。詳しくは、各試験の受験案内でご確認ください。
Q22歳未満であっても、大卒の人は、A試験を受験できるということですが、具体的にはどのような人が対象ですか?
A 高校2年次を修了して大学に入学できる飛び入学の制度や大学を4年未満で卒業できる飛び級の制度などにより、4年制大学を卒業又は卒業見込みの人は、22歳未満でもA試験を受験できます。
Q職員採用において人事委員会と任命権者の役割はどう違うのですか?
A 人事委員会は、任命権者の要請により、採用試験の案内、実施、合格者決定、採用候補者名簿への登載までの業務を行い、任命権者に採用候補者名簿を提示します。
 任命権者は、具体的には知事、警察本部長、教育委員会などを指し、採用候補者名簿登載者に対して採用面接等を行い、採用を決定します。
  
Q試験にはどのような服装で行けばよいのでしょうか?
A 服装については特に指定していません。第1次試験の試験会場では空調設備を使用しませんので、気温の変化に対応できる服装が適当です。
 第1次試験は普段着、第2次試験は制服やスーツの人が多いようです。
 なお、6月から9月に実施する試験では、省エネルギーなどを目的に上着やネクタイなしの「クールビズ」でお越しいただくようにご案内しています。
Qどんな職種の採用がありますか?
A 毎年定期的に職員を採用する競争試験として、三重県職員ではA試験・B試験・C試験、三重県警察官では警察官A試験・警察官B試験、市町立小中学校職員ではB試験・C試験があります。それぞれの受験資格はこちらをごらんください。
 なお、特殊な免許・資格や専門的な知識を必要とする職(獣医師など)については、欠員の状況等により必要に応じて不定期に募集・採用を行っています。
 また、身体障がい者を対象とした試験も実施しています。
Q行政Ⅱの自己アピール面接はどのようなものですか?
A 面接時間は30分程度で、はじめに受験者の経験や成果などについて5分程度で自己アピールしていただきます。自己アピールは器具などを使わず口頭で行います。
 その後、面接官から質問があります。面接のなかでは、自己アピールの方法の良し悪しではなく、例えば、どのような目的意識を持って、具体的にどう行動されたかというところなどを評価させていただきます。
Q試験問題は公表していますか?
A 教養試験と専門試験の出題分野、出題数については、各々の受験案内でご確認ください。過去問題は公表していませんが、試験問題の形式や難易度を判断できる例題を公表していますので参考にしてください。(試験問題の例題は、こちら
 また、論文・作文試験及び集団討論については、過去の試験で出題された課題を掲載していますので、参考にしてください。(過去の論文課題等は、こちら
 
Q現在、民間の会社に勤めていますが、社会人を対象とした試験はありますか?
A 社会人のみを対象とした採用試験は実施していませんが、それぞれの試験の受験資格さえ満たしていれば、三重県職員ではA試験・B試験・C試験、三重県警察官では警察官A試験・警察官B試験、市町立小中学校職員ではB試験・C試験を受験できます。
 受験資格、募集する試験区分、採用予定人数、試験科目など詳細は、それぞれの受験案内で確認してください。
Q教員や看護師の採用試験はどのように申し込むのですか?

A 教員については、県教育委員会(電話059-224-2959)へ、看護師については、県病院事業庁(電話059-224-2348)へお問い合わせください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 人事委員会事務局 職員課 任用班 〒514-0004 
津市栄町1-891(勤労者福祉会館4階)
電話番号:059-224-2932 
ファクス番号:059-226-7545 
メールアドレス:saiyo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000033084