現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 職員採用 >
  5. 県職員・警察官等採用 >
  6. 各種制度・待遇 >
  7.  仕事と家庭の両立
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  人事委員会事務局  >
  3. 人事委員会事務局  >
  4.  職員課(任用班) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県職員採用のご案内

仕事と家庭の両立に関する取組

 三重県では、職員が家庭や地域の中で充実した生活を送り、生き生きと仕事に取り組むことで県民サービスの向上へとつなげていく「ワーク・ライフ・マネジメント」を推進しています。
 この一環として、職員の次世代育成も支援しており、特に、女性職員だけでなく、男性職員も子育ての当事者として積極的に育児に関わることを勧めています。

男性職員の育児休業取得事例 

雇用経済部 雇用対策課 池田さん
(平成20年度入庁)

取得事例

(クリックすると、Facebookへリンクします)

仕事と家庭の両立を支援する主な休暇等制度

休暇等制度の主なものを紹介します。
休暇等は、それぞれ定められた要件を満たす必要があります。

制度 内容
●結婚・妊娠期
結婚休暇 7日以内
妊娠中の通勤緩和休暇 妊娠中の通勤緩和休暇
妊娠障害休暇(つわり等) 14日以内(分割可)
妊娠時の保健指導または健康診断 必要に応じてその都度取得可能
●出産(産前・産後)期
産前産後休暇 産前・産後各8週間(多胎は産前14週間)
男性職員の育児参加休暇 妻の産前産後休暇の期間内で5日以内
●育児期
育児休業 子が満3歳の誕生日の前日まで
部分休業制度 子が小学校就学の始期に達するまでの期間で1日2時間以内
育児時間 子が1年9月になるまでの期間で1日2回各45分
学校等行事休暇 高校を卒業するまでの子一人につき年1日
時間外勤務の免除 子が3歳に達するまでの期間(本人からの請求による)
深夜勤務・時間外勤務の制限 就学前の子がある職員(本人からの請求による)
早出遅出勤務 勤務時間を前後1時間の範囲内でずらして勤務することができる制度
(就学前の子がある職員または学童保育に迎えに赴く職員が対象)
育児短時間勤務 勤務形態5種類から選択可能
(就学前の子がある職員が対象)
●看護・介護
介護休暇 3回以下かつ6月以内の必要な期間
介護時間 3年以内において1日2時間以内の必要な時間
妻の出産、子の疾病等(家族看護休暇) 1年4日以内(中学校就学前の子の疾病等については4日、子が2人以上の場合は8日を加えることができる。)
  妻の産前・産後各8週間(多胎は産前14週間)の期間に5日以内

育児休業の取得状況

  (平成30年度)
三重県
(知事部局)
(平成30年度)
三重県
(知事部局)
(平成29年度)
地方公共団体
(全体)
(平成29年度)
地方公共団体
(全体)
  男性  女性 男性 女性
育児休業の新規対象者数 90 48 59,721 40,361
育児休業の新規取得者数 33 48 1,594 37,963
取得率 36.67% 100% 2.7% 94.1%

本ページに関する問い合わせ先

三重県 人事委員会事務局 職員課 任用班 〒514-0004 
津市栄町1-891(勤労者福祉会館4階)
電話番号:059-224-2932 
ファクス番号:059-226-7545 
メールアドレス:saiyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000033184