現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究所の紹介 >
  6. 養殖・環境研究課(真珠、赤潮、魚病等) >
  7.  養殖・環境研究課の概要
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  養殖・環境研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

養殖・環境研究課

 提供情報(関係含む)

  • プランクトン速報・・・毎週水曜更新の,英虞湾等の海況や植物プランクトン相の情報です。市・町や漁業者とも協働して英虞湾環境をモニタリングしてします。
  • 貝リンガル情報・・・英虞湾奥部の立神浦にある貝リンガル(アコヤガイ)の情報です。(株)ミキモトからデータ提供を受けて,原則毎週水曜に発行しています。赤潮を警戒する10月末までの予定です。
  • 貝毒結果速報・・・三重県で行われている定期的な貝毒検査の速報です(県庁へリンク)。
  • 三重県沿岸海域プランクトン図鑑(平成24年9月) ・・・三重県で発生する主要有害プランクトンを網羅しています。検鏡したり対策される方のために,分かり易くまとめました。
  • 三重県沿岸海域に発生した赤潮  ・・・近年の赤潮発生状況を暦年(1~12月)毎にまとめました。
  • 英虞湾・的矢湾・五ヶ所湾環境モニタリングシステム・・・英虞湾・的矢湾・五ヶ所湾に自動観測ブイが4基あり,そのデータを閲覧できるシステムです(ブイを管理する三重県真珠養殖連絡協議会へリンク )

 内湾漁場環境に関すること・・・水質・底質のモニタリングと情報提供

  • プランクトン速報・・・地域の重要な産業を支援するために,英虞湾やその近隣の内湾の漁場環境や餌料プランクトンの動態を漁業者や市・町と共同で調査,その情報を整理し毎週水曜日に発行しています。
  • 長期モニタリング・・・漁場の適正利用と環境保全のために,底質や底生生物の精密調査も行っています。
  • 赤潮情報・・・赤潮発生時には,漁業者へ注意を喚起するためを発行しています。
  • 三重県沿岸の赤潮発生に関する情報については,水圏環境研究課へ連絡ください。

 #

 多項目水質計を使った観測(英虞湾)

 有害赤潮に関すること・・・発生予察と被害防止

  • 伊勢湾および英虞湾では、ヘテロカプサ等の有害赤潮や冬季の珪藻赤潮により、養殖魚介類やノリ養殖に甚大な被害が発生しており、漁業被害の防止対策が強く求められています。
  • そこで、有害赤潮や珪藻赤潮に対処するため、伊勢湾、伊勢湾口、英虞湾をフィールドとして、愛知県水産試験場と共同で広域モニタリング調査を実施し、有害赤潮等の監視体制の強化を図るとともに、得られた調査データと過去の既往知見を整理・解析することで赤潮発生機構を解明し、赤潮予測技術や被害防止技術の開発につなげます。

#

赤潮(カレニア・ミキモトイ)でへい死した

養殖マダイ(2005年・南伊勢町)

#
検鏡風景

 貝毒に関すること ・・・二枚貝の安全・安心確保

貝毒監視のためのモニタリング

  • 貝毒とは、二枚貝が毒をもつ特定のプランクトンをエサとして捕食し、毒を体内に蓄積する現象です。毒を蓄積した貝を食べると、麻痺や下痢などを症状とする食中毒を起こすことがあります。
  • 本事業では、三重県沿岸で漁獲、養殖生産される二枚貝の毒化状況および貝毒原因プランクトンの出現状況を関係機関と連携してモニタリングし、食の安全・安心の確保を図ります。

         #          #

         麻痺性貝毒原因種                       下痢性貝毒原因種

     (アレキサンドリウム・カテネラ)   (ディノフィシス・アキュミナータ)

新しい貝毒モニタリング技術の開発

  • 三重県沿岸では、広域的に多様な二枚貝の生産が行われています。このような二枚貝の生産実態に対応した安全・安心な監視体制を構築するためには、新しいモニタリング技術の導入や生産者との連携によるモニタリング体制の効率化が不可欠となっています。
  • 本研究では、生産者と連携した効率的な貝毒監視体制の構築を目指し、新しい貝毒モニタリング技術の開発に取り組みます。
  • 生産者への普及に適した簡易なプランクトン採集法の実用化および二枚貝の毒化予測のためのプランクトン密度基準値の設定に取り組みます。
  • コスト面や労力面で問題となっている貝毒検査公定法(マウス試験)の負担を軽減するため、貝毒簡易測定法(ELISA法)の実用化に取り組みます。

  #       #

  二枚貝の毒化状況の調査            ホースを用いたプランクトン簡易採集法

  内湾の環境再生・修復に関すること ・・里海,干潟や藻場再生

英虞湾での干潟再生の取り組み 

  • 伊勢湾や英虞湾では干潟や藻場が1950年代以降大きく減少し,海域の貧酸素や赤潮の発生の原因になっていることが指摘されています。内湾の環境を改善するためには干潟・藻場の回復,再生を進めることが重要です。
  • 水圏環境研究課では,効果的に干潟や藻場を再生させるための技術開発を行ってきました。
  • 平成21年度からは,開発した技術の効果を実際の海域で確認するとともに,地域に干潟や藻場を再生させる活動を継続する体制を築くため,地域住民や自治体などとの共同調査や藻場造成の体験イベントなどを実施しています。
  • さらに,干潟や藻場の再生など漁場環境再生事業を効率的に展開していくには、水質浄化オフセットやカーボンオフセットの仕組みを構築し,企業等が支援しやすい状況を作り出す必要があります。
  • このため,伊勢湾海域を対象に,既存の干潟やアマモ場において,二酸化炭素の 固定能力や水質浄化機能を定量的に評価し,オフセット制度導入に向けた基準づくりを行います。

  #       #

  観察会を通じた生き物調査            干潟で定量的な調査(川越町)     

  (志摩市阿児町立神石淵)  

 真珠養殖・貝類(マガキ等)養殖技術の向上に関する研究

高品質な真珠の安定的生産に寄与するため、アコヤガイの育種技術の開発(品種改良)を行っています。これまでの成果として、真珠の重要な品質要素である色と巻き(真珠層の厚さ)について、高品質な「白い真珠」、「厚巻きの真珠」をつくるアコヤガイを生産することに成功しました。

※左右にフリックすると表がスライドします。

アコヤガイ幼生
アコヤガイの幼生(ふ化後1日目)
アコヤガイ真珠層
品種改良された白色系アコヤガイ(左)
と真珠。
右は通常の黄色系アコヤガイ。

※左右にフリックすると表がスライドします。

また、真珠の生産効率を改善するには、挿核されたアコヤガイの生残率を高めることが重要です。そこで、生残率が高く、真珠品質の優れるアコヤガイをつくる技術を開発しました。これは、アコヤガイの貝殻を閉じる力(閉殻力)を指標に、閉殻力の強い貝を親として選んで種苗をつくる技術です。閉殻力は親から子どもに遺伝するので、誕生した種苗は閉殻力の強い貝となります。閉殻力の強い貝では、体力を消耗しやすい高水温期でも良好な状態を維持し、生残率が高く、生産する真珠の巻きが厚く品質が優れます。

アコヤガイと真珠
アコヤガイと真珠

 真珠のシミ・キズ形成の低減に有効な養殖技術の開発と普及、光沢(テリ)の優れる真珠を生産するに有効な技術開発に取り組んでいます。
 その他、マガキ等、貝類養殖に関する養殖技術の開発も実施しています。

※左右にフリックすると表がスライドします。

アコヤガイの検査
アコヤガイの生理状態検査
アコヤガイ真珠層
様々な色の真珠
(左から白、黄、オレンジ、茶、青)

 養殖魚に発生する魚病への対応

PDFファイルで表示
 

ブリ、マダイ、ヒラメ等の養殖魚に発生する魚病に対処するため、病魚を診断し、治療薬剤の選定、適正使用についての指導、助言を行っています。

最近では、薬剤の使用低減を図るためワクチンの開発が進んでいますが、その使用については、細心の注意が必要で、漁業者を対象に普及、啓蒙活動を行っています。 また、早期診断技術の開発、予防及び治療に関する研究を行っています。

 最近の魚病は、発生要因が複雑化しており、診断や対策が非常に難しいので、最新の情報や技術を用いて対応しているところです。

伝染性の病気では、病気の発生や伝染を如何に防ぐかという防疫対策が重要な課題となっており、防疫技術を普及するための講習会の開催や、魚病情報のネットワーク化を進めています。

※左右にフリックすると表がスライドします。

魚病診断 魚病診断

※左右にフリックすると表がスライドします。

イリドウイルス感染症
1)マダイのイリドウイルス感染症
腫大した脾臓
ビバギナ症
2)マダイのビバギナ症
鰓に寄生したビバギナ・タイ
Bivagina tai)の成虫
ブリの類結節症
3)ブリの類結節症
脾臓および腎臓の白色小結節
ブリの連鎖球菌症
4)ブリの連鎖球菌症
鰓蓋内面の発赤・膿瘍
ヘテロボツリウム症
5)トラフグのヘテロボツリウム症
鰓・鰓腔内面に寄生した
ヘテロボツリウム・テトロドニス
(Heterobothrium tetrodonis)
の成虫
トラフグの白点病
6)トラフグの白点病
白点虫体
(Cryptocaryon irritans)
の寄生した皮膚
 
 

そのほかの業務

  • 赤潮発生時の種同定やその対策に関する相談。
  • 調査地の近隣小中学校への総合学習のサポート。

お役立ちリンク

農林水産省関係

 

環境省関係

国土交通省関係

海上保安庁関係

気象庁関係

団体関係

市・町関係

三重県関係

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 養殖・環境研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050903