現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 道路 >
  5. 道路利用に関する情報 >
  6.  津駅東口通りで歩道空間の拡張に向けた社会実験を実施します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 道路企画課  >
  4.  企画調整班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

津駅東口通りで歩道空間の拡張に向けた社会実験を実施します

歩道空間の利活用についてアイデアを募集

 三重県では、歩行者の賑わいや滞留機能の強化を検討するため、津駅東口の県道津停車場線において、歩道空間の拡張をイメージして、現状6車線の車道を4車線に減少させる社会実験を実施します。
歩道空間の利活用についてのアイデア募集や車線減少による交通への影響についてのアンケートにご協力下さい。
 
1.社会実験の概要   
①期間 規制開始 令和3年7月12日(月)13時から
    規制終了 令和3年7月20日(火)12時頃まで
   
②場所 津駅東口通り<県道津停車場線(国道23号から津駅東口まで)>
 
③内容
・6車線から4車線に交通規制を実施し、車線減少による自動車交通等への影響を検証します。
・拡張をイメージした歩道空間を実際に見てもらい、SNS等を用いて、歩道空間をもっと快適に楽しく使うアイデアを募集します。

社会実験チラシはこちら 


2.アイデア・アンケートについて
①ツイッターによるアイデア募集
 歩道空間をもっと快適に、楽しく使うアイデアを募集します。
 ツイッターで 「 #津駅歩道空間 」 をつけて投稿して下さい。
 (受付期間 7月31日まで)
 
②ホームページによるアンケート調査
 「歩道空間の利活用」と「車線減少による交通への影響」についてのアンケート調査です。
  下記URLからご回答下さい。(受付期間 7月12日~7月31日)
 https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke2/form.do?id=1623387084136
 
3.検討の背景
 昨年度、三重県・津市は、津駅周辺において、地域を豊かにする歩行者中心の道路空間の構築や民間と連携した新たな交通結節点づくりを推進するため、関係団体と連携して、駅周辺の活性化や防災等さまざまな視点から、駅周辺の道路空間の活用に関する方向性をとりまとめました。
 この度、方向性の1つの柱である「歩行者の賑わいや滞留機能の強化」の検討を進めるため、社会実験を実施します。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 道路企画課 企画調整班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2739 
ファクス番号:059-224-2310 
メールアドレス:doroki@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000252700