現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政運営 >
  4. 高等教育機関との連携 >
  5.  「UNICOM2019 第4回大学生国際会議in三重」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 戦略企画総務課  >
  4.  企画調整班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年10月25日

「UNICOM2019 第4回大学生国際会議in三重」を開催します

 「大学生国際会議in三重」は、伊勢志摩サミットの開催成果を次世代につないでいくため、今回で4回目となる、県内外の学生・留学生の交流プログラムです。
 今回、「UNICOM2019 第4回大学生国際会議in三重」を開催します。

1 名称
  UNICOM2019 第4回大学生国際会議in三重
  ※UNICOM(ユニコム):University Students’ International Conference in Mie

2 目的
  グローバル人材育成のメッカとしてのブランド確立をめざすとともに、三重でしかできない体験や地域
 課題についての討議を通じて三重県ファンをつくることを目的としています。また、県内学生について
 は、新たな視点(グローバルな視点を含む)から三重県を捉え直し、地域の持つ魅力を再発見する機会と
 します。

3 主催
  三重県と一般社団法人KIP知日派国際人育成プログラム(略称:KIP)が共催します。

  ※(一社)KIP知日派国際人育成プログラム(Knowledge Investment Programs)は、
  「知日派の国際人」を育成するという大きな目標のもと、社会問題に関する討論や海外研修などの活動
  を行う大学生・大学院生を中心とした会員制の団体です。

4 期間
  令和元年11月2日(土曜日)から11月4日(月曜日・振替休日)まで 2泊3日

5 場所
  志摩市

6 参加者
  ◯ 県内の学生           20人(うち留学生 9人)
  ◯ 首都圏を中心とする県外の学生  31人(うち留学生12人)
  
                  計 51人(うち留学生21人)

  ※留学生の出身国は、中国、スイス、ベトナム、ロシアの4か国
  ※学生の出身校は、三重大学、鈴鹿大学、四日市大学、皇學館大学、東京大学、慶應義塾大学、
   早稲田大学、一橋大学、明治大学など13大学

7 内容
  地域の強みである豊かな自然の恵みを生かした「持続可能なまちづくり」をめざす取組が進められて
 おり、国からSDGs未来都市に選定された志摩市において、地域の主たる産業である水産業に関し、
 「志摩市 SDGs未来都市計画」に位置付けられた取組を視察・体験するとともに、地域で活躍する
 地元住民との交流を行います。また、こうした活動を通じて地域の現状や課題を学ぶとともに、地域
 課題やグローバルな課題に関して参加学生が選定したテーマによる討議を行います。  

8 日程
(1)1日目【11月2日(土曜日)】 
  ◯ 伊勢神宮内宮訪問
   時間 8時30分から9時40分まで
   場所 伊勢神宮内宮(伊勢市宇治館町1)
   内容 伊勢志摩サミットで各国首脳が訪れた伊勢神宮内宮を訪問します。

  ※ 全員参加ではありません。

  ◯ 地元交流会
   時間 11時15分から12時30分まで
   場所 志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホール(志摩市磯部町迫間878-9)
   内容 参加学生と地元住民との交流を行います。

  ◯ 開会式
   時間 13時30分から13時55分まで
   場所 志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホール(志摩市磯部町迫間878-9)
   内容 主催者あいさつ、参加学生代表あいさつ

  ◯ 討議Ⅰ「天然魚を獲る漁業に持続可能性はあるのか」
   時間 14時00分から15時30分まで
   場所 志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホール(志摩市磯部町迫間878-9)
   内容 世界的に魚の消費量が増加する中、天然の魚を獲る漁業を続けることができるのか、
      その是非について論じる形で討論します。

  ◯ 討議Ⅱ「若者の漁業への就職を促進するには」
   時間 15時45分から17時15分まで
   場所 志摩市磯部生涯学習センター 多目的ホール(志摩市磯部町迫間878-9)
   内容 漁業者の後継者不足が深刻な課題となる中、どうすれば若者の漁業への就労につながるか、
      若者ならではの視点で議論、提案します。

(2)2日目【11月3日(日曜日・祝日)】
  ◯ アマモ場再生体験
   時間 8時30分から11時20分まで
   場所 坂崎漁港(志摩市磯部町坂崎)
   内容 豊かな海づくりに取り組む人を増やしていくことを目的として、志摩市が市民参加型で
      進めているアマモ場再生の取組を体験します。参加者は、アマモの種子を含んだ泥団子を
      作成し、堤防から海中へ投入します。

  ◯ 藻場・干潟視察
   時間 13時00分から15時45分まで
   場所 次郎六郎海水浴場(志摩市大王町登茂山)
   内容 伊勢志摩国立公園の穏やかな英虞湾において、カヤックに乗って藻場や干潟などを視察
      します。

  ◯ 討議Ⅲ
   時間 18時30分から19時30分まで
   場所 ともやま公園野外活動センター(宿泊先)(志摩市大王町波切2199)
   内容 視察・体験を踏まえて、振り返りを行います。

(3)3日目【11月4日(月曜日・振替休日)】
  ◯ 伊勢えび刺網漁視察・体験
   時間 6時00分から8時00分まで
   場所 和具漁港(志摩市志摩町和具)
   内容 持続可能な漁業をめざした取組を進めている和具地区において、伊勢えび刺網漁を視察・
      体験します。また、併せて魚市場を視察します。

  ※スケジュールは別紙1のとおりです。

9 取材について
  各訪問地で取材可能です。取材を希望される方は、現地へ直接お越しください。
  ただし、伊勢神宮内宮の取材を希望される場合は、施設側の要望により事前に申込をお願いします。
   申込先:戦略企画部戦略企画総務課
       (FAX:059-224-2069又はE-mail:sensomu@pref.mie.lg.jp)
   申込方法:別紙2「『UNICOM2019 第4回大学生国際会議in三重』取材希望に関するご連絡」
        によってください。
   申込期限:10月30日(水曜日)17時まで
    ※伊勢神宮内宮以外の場合は、事前申込は必要ありません。
(留意事項)
 ・討議、視察、体験が最優先されますので、参加学生へのインタビューは討議、視察、体験終了後に
  お願いします。
 ・取材にあたっては、各社腕章の着用及び社員証の携行をお願します。
 ・取材先によっては、撮影ができない箇所があります。当日、担当者が案内いたしますので、ご協力を
  お願いします。
 ・天候や交通事情等により取材場所・時間等が変更となる場合がありますので、ご不明な点がある
  場合は、当日問い合わせ先(080-3703-4061)までご連絡いただきますようお願い
  します。
 ・現地では担当者の案内に従っていただきますようお願いします。

関連資料

  • 別紙1(行程)(PDF(96KB))
  • 別紙2(取材希望に関するご連絡)(PDF(137KB)ワード(43KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 戦略企画総務課 企画調整班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2009 
ファクス番号:059-224-2069 
メールアドレス:sensomu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000231796