現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政運営 >
  4.  高等教育機関との連携
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 戦略企画総務課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

高等教育機関との連携

 近年、県では人口減少が進行しており、少しでもこの流れを抑制するために「地方創生」に向けた総合的な取組が求められています。
 県内の高等学校を卒業した大学進学者のうち、県内大学へ入学した割合は約2割と低く、また、県内高等教育機関(大学、短大、高専)の卒業生が県内企業等に就職した割合は5割を切っており、大学進学時及び就職時における若者の県内定着が課題となっています。
 こうしたことから、三重県で学び、働き、住み活躍する若者の増加に向けて、県内高等教育機関の魅力向上・充実等に取り組んでいます。また、若者から選ばれるしごとの創出や働く場の魅力向上を図るため、分野を越えて連携した取組を進めます。
 

1 「高等教育コンソーシアムみえ」

 三重県内の高等教育機関(大学、短大、高専)と県は、県内高等教育機関の教育、研究、地域貢献の各機能の向上を図り、人口減少の抑制及び地域の活性化を図るため、平成28年3月に「高等教育コンソーシアムみえ」を設立しました。

 ■高等教育コンソーシアムみえWEBサイト
 

 ■高等教育コンソーシアムみえ協定締結式
 
 

「高等教育コンソーシアムみえ」で取り組む内容

  • 三重県における高等教育のあり方・将来像に関すること。
  • コンソーシアムの情報発信に関すること。
  • 学生の地域活動の支援に関すること。
  • 地方創生に取り組む市町、地域の支援に関すること。
  • FD(教員の資質向上のための組織的取組)・SD(事務職員等の資質向上のための組織的取組)に関すること。
  • 教育プログラムに関すること。
  • 三重県内への就職の推進に関すること。
  • IRに関すること。
  • その他目的の達成のために必要なこと。

 

地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC、COC+)(令和元年度で終了)

 文部科学省では、地方創生の中心となる人材の育成を行うことを目的とした大学等を支援する「地(知)の拠点整備事業(COC+)」を実施してきました。県内においては、三重大学が採択され、県内高等教育機関(大学、短大、高専)、企業・団体、三重県と連携して、三重の特徴を深く知り、地域の課題解決に尽力する人材「三重創生ファンタジスタ」の養成等に取り組んできました。
 なお、「三重創生ファンタジスタ」の養成については、令和2年度から「高等教育コンソーシアムみえ」で取り組んでいます。詳細は次のリンクからご覧ください。

 ■三重大学COC+            ■高等教育コンソーシアムみえWEBサイト
    

 なお、COC+の前身として、平成25年度から平成30年度まで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的として「COC」が実施されています。県内においては、平成26年度に四日市大学と皇學館大学が採択されています。詳細は、次のリンクからご覧ください。

 ■四日市大学COC              ■皇學館大学COC
     

 

みえまちキャンパスの開催

 「高等教育コンソーシアムみえ」では、県内の学生が日頃取り組んでいる地域活動をより多くの皆さんに知っていただくため、「みえまちキャンパス」を開催しています。

「令和元年度みえまちキャンパス in 三重短期大学」が開催されました(三重短期大学のホームページにリンク)
「平成30年度みえまちキャンパス in 四日市大学」が開催されました(四日市大学のホームページにリンク)
「平成29年度みえまちキャンパス ~地域の未来を創る~in 皇學館」が皇學館大学で開催されました
(皇學館大学のホームページにリンク)

 

2 三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援事業

 三重県内への若者の定着を促進するため、大学生等の奨学金の返還額の一部を助成しています。

 令和2年7月11日から募集を開始しました令和2年度の募集内容の詳細は、こちらをクリックしてください。
 
 本事業の実施にあたり、事業の趣旨にご賛同いただき、これまで寄附をいただいた企業・団体は、次のとおりです。多くのご寄附をいただいたことに対し心から感謝申し上げます。
 いただいたご寄附につきましては、三重県地域と若者の未来を拓く学生奨学金返還支援基金に積み立て、本事業の助成金の財源として活用させていただきます。
                                                           (50音順)
関東化学ホールディングス株式会社
北伊勢上野信用金庫
紀北信用金庫
桑名三重信用金庫
株式会社サイネックス
株式会社スズキ
株式会社ソフトウェア・サービス
株式会社第三銀行
株式会社百五銀行
株式会社blu owl
株式会社三重銀行
第一工業製薬株式会社
三重県民共済生活協同組合

 引き続き、本事業の趣旨にご賛同いただき、三重県を応援していただける個人及び法人の皆様からのご寄附を募集しています。
・(個人の方)寄附のお申込み方法など詳細は、三重県のふるさと納税のページをご参照ください。
・(法人の方)寄附のお申込み方法など詳細は、三重県戦略企画総務課までお問い合わせください。
 なお、本事業は、令和2年7月3日に国の地域再生計画(第56回)の認定を受けたため、
 三重県外に本社を置く法人の方が寄附を行った場合は、企業版ふるさと納税による税制上の優遇措置
 を受けることができます。
 
 また、三重県内の市町においても、若者の定着を目的とした奨学金返還支援事業を実施しています。
 詳細は、下記の一覧を参照してください。
 三重県内市町における奨学金返還支援事業一覧(令和2年3月現在)

 

3 大学生国際会議in三重

 大学生国際会議in三重は、平成28年度に開催された伊勢志摩サミットの成果を明日につなぐため、同年度に初めて開催した県内外の学生・留学生の交流プログラムです。
 この取組は、グローバル人材育成のメッカとしてのブランドの確立をめざすとともに、三重でしかできない体験や地域課題についての討議を通じて三重県ファンをつくることを目的としています。また、県内学生については、新たな視点(グローバルな視点を含む)から三重県を捉え直し、地域の持つ魅力を再発見する機会にするとともに、学生自身の成長を促進することをめざしてきました。
 この事業は、平成28年度から令和元年度まで取り組んできました。

 

4 高等教育機関と地域との連携

 地域活動に関心がある学生と課題を抱える地域の様々な主体とのマッチングを行い、学生の地域活動への参画促進を図るため、平成27年度から平成30年度にかけて、「『学生×地域活動』サポート情報局」の運営を支援してきました。
 令和元年度以降、「『学生×地域活動』サポート情報局」は、非営利団体が自主運営しています。
 

<「学生×地域活動」サポート情報局ページ>(外部リンク)

 
 ※画像をクリックすると「学生×地域活動」サポート情報局のページにアクセスします。

 

高等教育機関と地域との連携の仕組みづくり

 学生の地域活動への参画を継続的に促進していくため、高等教育機関と地域との連携の仕組みづくり(「『学生×地域活動』サポート情報局」の構築)に取り組んできました。その取組内容は、次のページをご覧ください。

 <連携の仕組みづくり取組内容掲載ページ>
  高等教育機関と地域との連携の仕組みづくり
   

5 高等教育機関魅力向上支援補助金(平成29年度で終了)

 人口減少社会において、若者の県内定着を促進し、地域の活力を維持するため、平成27年度から平成29年度にかけて、学生の確保、学生の県内就職、地域貢献に向けた高等教育機関の取組を支援しました。

 

(1)「『未来』・『夢』・『実現』応援プロジェクト」(高田短期大学)

 女子サッカーのクラブチームを創設すること、また、外国人留学生の介護福祉士を育成することにより、学生の確保と学生の県内企業等への就職者数の増加をめざす。
 

(2)「『地域企業就職支援パッケージ』『就職支援コンシェルジュ』推進事業」(三重大学)

 企業が行う事業を題材とした長期就業体験の仕組み(リアルプロジェクト・インターンシップ)を構築するなど、学生の県内企業への就職に向けた支援を強化し、学生の県内企業就職(起業)率を向上させる。
 

(3)「学生と取組む魅力向上・発信事業」(近畿大学工業高等専門学校)

 地元企業との共同研究や、理系女子の魅力発信などに取り組むことで、地域の産業・社会・文化・スポーツに貢献できる人材を育成・確保し、地元出身の入学生と学生の県内定住者の増加をめざす。
 

(4)「MIEで学ぶライフリテラシー教育とエンカレッジ」(四日市看護医療大学)

 県内学生の流出防止及び県内学生の県内定着、卒業後の離職に伴う県外流出防止に向け、学生の地域社会への理解を深め、参画意識を高めるとともに、ライフステージを通じた卒業生のサポートを行う。
 

(5)「地域のビジネス・イノベーションを推進する起業家・起業マインドを持った人材の育成~ポストサミットを見据えた『もうかる』地域づくりをめざして~」(鈴鹿大学)

 ビジネス・イノベーション研究センターの設置とともにビジネスプログラムの立ち上げにより、①起業家の養成と起業マインドを持った人材の育成、②起業に興味を持った入学生の確保、③県内起業、企業就職の支援を行い、若者を県内定着させる。
 

(6)「県内企業と学生のマッチングコーディネーターによる学生就活支援強化事業」(皇學館大学)

 学生の県内就職率向上に向け、就職に必要な知識やスキルを向上させるとともに、これまで中南勢地域中心であった卒業生の活躍エリアを製造業等の産業集積地である北勢地域まで視野に入れた県内全域に拡大する。
 

(7)「医療・福祉人材の育成と地元定着促進のための多職種連携実践教育の取り組み」(鈴鹿医療科学大学)

 施設や病院等と連携した多職種連携実践体制の構築や、情報発信力の強化等により、学生の確保や県内就職者数の増加をめざす。
 

(8)「地域ぐるみ事業による子育ての魅力がミエる県づくりプロジェクト」(鈴鹿大学短期大学部)

 三重の子が三重で育ち三重で生活することを支援するため、多様な子育て・子育ち支援ニーズに対応する地域連携型システムの構築により、意欲的な入学者の増加、県内就職者の増加を図る。
 

(9)「高短だからこそ出来る地域志向型魅力向上プロジェクト」(高田短期大学)

 留学生の授業料負担を軽減する独自の仕組みづくりや、入学前における日本語教育、日本人学生による生活面の支援体制の構築など、留学生への新たな支援を行う。

  ※事業の詳細については、次のファイルをご覧ください。

 

6 地域と高等教育機関の魅力発信冊子「みえコレッ!」(平成29年2月作成)

 将来、より多くの方に三重県で暮らしてもらうために、三重県の魅力を知っていただくことを目的として、三重県の魅力を発信するための冊子を作成しました。主な内容は次のとおりです。
 

(1)冊子名

  「みえコレッ!」
 

(2)作成部数・規格

  20,000部作成、A4縦版、4色フルカラー、32ページ
 

(3)配布対象者

  ①県内の高等学校及び特別支援学校高等部に通う全ての2年生
  ②県内の高等学校、特別支援学校高等部及び中学校の進路指導担当者 等
 

(4)概要

  三重県の魅力を次の3つのライフシーン別に紹介しています。
 

 ①暮らす:「三重で暮らすと?」

  ・学生へのインタビューを基にした三重県の「ここがいい!」ところ
  ・三重県で暮らす上での経済事情
 

 ②働く:「三重のお仕事事情」

  ・夫婦共働きで子育てをしている方へのインタビューを基にした三重県の子育て事情
  ・県内で活躍している企業等の紹介
 

 ③学ぶ:「三重の学校を調査!」

  ・県内高等教育機関の「ここがスゴい!」といった特徴を紹介
  ・県内高等教育機関に通う学生へのインタビュー
 

(5)特徴

  より多くの高校生に読んでもらうため、漫画を中心とした分かりやすい構成としています。
  漫画については、イラストレーターの「べつやく れい」さんに作成していただきました。
 

<「みえコレッ!」掲載内容>

  
 ※画像をクリックすると冊子全体の内容を掲載したページにアクセスします。
 

 <参考>高校生・保護者アンケート

 県では、「三重県まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「みえ県民力ビジョン・第二次行動計画」の策定に向け、若年層の流出防止や一旦流出した者の再流入を促進する対策の検討に向けた基礎資料とするため、平成26年12月に県内高校生及び保護者を対象としたアンケート調査を実施し、進学、就職、定住等に関する意識を定量的に把握しました。
 

<アンケートの集計結果掲載ページ>

 

<参考>県内の高等教育機関

学校教育法に基づく県内の高等教育機関は、次のとおりです。
<大学>
三重大学
三重県立看護大学
四日市大学
四日市看護医療大学
鈴鹿医療科学大学
鈴鹿大学
皇學館大学

<短期大学>
三重短期大学
鈴鹿大学短期大学部
高田短期大学
ユマニテク短期大学

<高等専門学校>
鈴鹿工業高等専門学校
鳥羽商船高等専門学校
近畿大学工業高等専門学校

<専修学校>
三重県公衆衛生学院
三重県農業大学校
名張市立看護専門学校
私立専修学校一覧

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 戦略企画総務課 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2009 
ファクス番号:059-224-2069 
メールアドレス:sensomu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000000564