現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 支援業務 >
  6. 機器開放 >
  7.  EMC試験予約状況
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  電子機械研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

EMC試験予約状況

 

予約方法

設備機器の使用は予約制となります。
予約は2か月後の月末まで可能です。(例)今月が4月であれば6月末まで
予約は1日単位で3日間までとなります。電波暗室とシールドルームの両方の予約も可能です。
予約は、電話(電子機械研究課直通:059-234-4040)にて承ります。
※電話以外(メール、ファックス等)では受け付けていません。
予約希望日と予約希望試験設備をお伝えください。担当者が予約状況を確認をしてご連絡いたします。
予約のキャンセル待ちも可能です。予約のキャンセルが発生した場合はお電話させていただきます。

試験当日

自動車で来場される場合は三重県工業研究所本館前の駐車場に駐車してください。
来場されましたら三重県工業研究所本館1階の受付窓口にて受付をしてください。
受付窓口で下記設備機器等使用許可申請書を提出してください。
受付窓口から設備機器までは担当者がご案内いたします。
設備機器付近まで一時的に自動車を移動して荷物の搬入搬出は可能です。
試験機器の操作方法については担当者がご説明いたします。

設備機器等使用許可申請書

設備機器等使用許可申請書

ダウンロードをして必要事項を記載の上印刷して、当日受付窓口にお出しください。
申請書は受付窓口にも用意してありますので、手書きで申請することも可能です。

利用時間

9時00分から17時00分まで
12時から13時まで昼休みのため担当者は不在となります。
緊急の場合は電子機械研究課までお越しください。

利用料金

現金払いまたは請求書を郵送して銀行振込をしてもらう2つの方法があります。希望する方法をお伝えください。
利用料金は機器毎の使用料金×使用時間+基本料金となります。
使用料金及び基本料金は下記電波暗室並びにシールドルーム予約状況の対象機器のリンクに記載されています。
使用時間は実働使用時間となります。1時間単位で端数は切上となります。
昼休みに機器を使用しない場合は料金はいただきません。
シールドルームを使用する場合別途シールドルーム使用料金が必要です。

(料金例1)
放射ノイズ測定システムを9時から14時30分まで利用した場合(昼休み1時間あり)
使用時間 5時間30分→6時間(切上)→5時間(昼休み1時間)
利用料金 (使用料金)1250円×(使用時間)5時間+(基本料金)370円=6620円

(料金例2)
雑音端子測定システムを10時30分から17時まで利用した場合(昼休み1時間あり)
使用時間 6時間30分→7時間(切上)→6時間(昼休み1時間)
利用料金 (雑音端子使用料金)1360円×(使用時間)6時間+(基本料金)370円=8530円
(シールドルーム使用料金)320円×(使用時間)6時間+(基本料金)370円=2290円
合計 10820円

上記料金例は令和2年4月の価格です。使用料金及び基本料金は変更になることがあります。

ご注意

作業台及び各メーカーから提供された試供品はご自由にお使いください。
工具や消耗品はありませんので用意してください。

電波暗室予約状況
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため一部業務を休止しています。

最終更新:令和3年6月11日 10:00

6月

 
1
×
2
×
3
×
4
×
5
6
7
×
8
×
9
10
×
11
×
12
13
14
×
15
×
16
×
17
×
18
×
19
20
21
×
22
×
23
×
24
×
25
×
26
27
28
×
29
×
30
×

 

 

 
7月

 

 

 
1
×
2
×
3
4
5
×
6
×
7
8
9
10
11
12
13
14
×
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
×
28
29
×
30
31

 
8月

 

 

 

 

 

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
×
12
×
13
×
14
15
16
×
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
×
31

 

 

 

 

 

○:予約可(終日) ×:予約済  -:予約不可(休日等)

対象機器

シールドルーム予約状況
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため一部業務を休止しています

最終更新:令和3年6月11日 10:00

6月

 
1
×
2
×
3
4
5
6
7
8
9
×
10
11
12
13
14
15
×
16
×
17
18
×
19
20
21
×
22
×
23
×
24
×
25
×
26
27
28
×
29
×
30
×

 

 

 

 
7月

 

 

 
1
2
×
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
×
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
×
28
29
×
30
31

 
8月

 

 

 

 

 

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
×
12
×
13
×
14
15
16
×
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
×
31

 

 

 

 

 

○:予約可(終日)  ×:予約済  -:予約不可(休日等)

対象機器

 

BCI(バルクカレントインジェクション)イミュニティ試験ができます

自動車規格に対応したBCI(バルクカレントインジェクション)イミュニティ試験ができます。
 試験範囲    1M~400MHz
 試験レベル   0.6~300mA
 機器利用料金  基本料金  370円/日
         使用料金  5,200円/時間
         (例)9:00から17:00まで利用(昼休憩1時間)の場合
            370(円)+5,200(円/時間)×7(時間)=36,770(円)
 依頼試験手数料 1測定につき11,720円
インジェクションプローブ、校正治具を持ち込むことで、上記周波数以上の試験も可能です。
 

電気用品安全法(PSE)対策を支援します

電気用品安全法で規制されている雑音端子試験、雑音電力試験の依頼試験(※1)をスタートしました。
・雑音端子試験 1測定につき2,440円(※2)
・雑音電力試験 1測定につき2,350円(※2)
(例)ある一つの製品について、雑音端子試験(PK+QP+AV)、雑音電力試験(PK+QP+AV)を依頼した場合
   2,440(円/測定)×2(測定)+2,350(円/測定)×2(測定)=9,580(円)
※1 依頼試験とは、製品の試験を本所研究員が実施し、後日試験結果報告書を発行する制度です。
   規制に対する合否を判定する試験成績書とは異なりますのでご注意ください。
※2 1測定とは、①最大値(PK)測定、②準尖頭値(QP)+平均値(AV)測定のことを言います。
   最大値測定で問題がないことが確認されれば1測定(①のみ)、そうでない場合は2測定(①と②)
   となります。
 

航空機産業の課題解決を広域連携で支援します

関東と東海地域の公的試験研究機関が広域連携し、航空機産業における課題解決や、航空機産業への参入を目指す企業の皆様を、部品や製品の評価技術等の面から支援しています。 詳細はこちらをご覧ください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 電子機械研究課 〒514-0819 
津市高茶屋5丁目5番45号
電話番号:059-234-4040 
ファクス番号:059-234-3982 
メールアドレス:kougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000124880