現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 支援業務 >
  6. 機器開放 >
  7.  EMC試験予約状況
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  電子機械研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

EMC試験予約状況


ご不明な点は、電話(電子機械研究課直通:059-234-4040)、FAX(059-234-3982)、または、メールにてお問い合わせください。
 

利用時間

9時00分から17時00分まで(片づけの時間を含みます)
 

予約方法

予約は、電話(電子機械研究課直通:059-234-4040)にてお願いします。
電話以外(メール、ファックス等)では受け付けていません。
EMC設備の予約方法、使用方法について(pdf形式,35KB)

 

設備機器等使用許可申請書

設備機器等使用許可申請書

設備機器等使用許可申請書

当日、受付窓口にお出しください。
受付窓口でご記入いただいても結構です。

 

ご注意

電話の取次ぎはいたしません。
あらかじめ連絡手段をご確認の上、ご利用ください。
(例)携帯電話をシールドエリア外に置き、定期的に着信を確認する
 

電波暗室予約状況

最終更新:令和元年8月22日 16:00

キャンセル待ちをご希望の場合は、電話(電子機械研究課直通:059-234-4040)、または、メールにてご連絡ください。

8月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×
24
25
26
×
27
×
28
×
29
×
30
×
31
 
  
9月
            1
2
×
3
×
4
×
5
×
6
×
7
8
9
×
10
×
11
×
12
×
13
×
14
15
16
17
×
18
×
19
×
20
×
21
22
23
24
×
25
×
26
×
27
×
28
29
30
           
10月
  1
×
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×
24
25
26
27
28
29
30
31
     

○:予約可(終日)△:予約可(時間単位) ×:予約済 -:予約不可
※2時間以上の空き時間があれば予約可(時間単位)と表記しています。

対象機器

シールドルーム予約状況

最終更新:令和元年8月22日 16:00

キャンセル待ちをご希望の場合は、電話(電子機械研究課直通:059-234-4040)、または、メールにてご連絡ください。

8月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×
24
25
26
×
27
×
28
×
29
×
30
×
31
 
9月
            1
2
3
4
×
5
6
×
7
8
9
10
11
×
12
×
13
14
15
16
17
18
×
19
20
×
21
22
23
24
×
25
×
26
×
27
×
28
29
30
           
10月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
×
24
25
26
27
28
29
30
31
     

○:予約可(終日) △:予約可(時間単位) ×:予約済 -:予約不可
※2時間以上の空き時間があれば予約可(時間単位)と表記しています。

対象機器

 

BCI(バルクカレントインジェクション)イミュニティ試験ができます

自動車規格に対応したBCI(バルクカレントインジェクション)イミュニティ試験ができます。
 試験範囲    1M~400MHz
 試験レベル   0.6~300mA
 機器利用料金  基本料金  370円/日
         使用料金  4,540円/時間
         (例)9:00から17:00まで利用(昼休憩1時間)の場合
            370(円)+4,540(円/時間)×7(時間)=32,150(円)
 依頼試験手数料 1測定につき10,550円
インジェクションプローブ、校正治具を持ち込むことで、上記周波数以上の試験も可能です。
 

電気用品安全法(PSE)対策を支援します

電気用品安全法で規制されている雑音端子試験、雑音電力試験の依頼試験(※1)をスタートしました。
・雑音端子試験 1測定につき2,010円(※2)
・雑音電力試験 1測定につき1,940円(※2)
(例)ある一つの製品について、雑音端子試験(PK+QP+AV)、雑音電力試験(PK+QP+AV)を依頼した場合
   2,010(円/測定)×2(測定)+1,940(円/測定)×2(測定)=7,900(円)
※1 依頼試験とは、製品の試験を本所研究員が実施し、後日試験結果報告書を発行する制度です。
   規制に対する合否を判定する試験成績書とは異なりますのでご注意ください。
※2 1測定とは、①最大値(PK)測定、②準尖頭値(QP)+平均値(AV)測定のことを言います。
   最大値測定で問題がないことが確認されれば1測定(①のみ)、そうでない場合は2測定(①と②)
   となります。
 

航空機産業の課題解決を広域連携で支援します

関東と東海地域の公的試験研究機関が広域連携し、航空機産業における課題解決や、航空機産業への参入を目指す企業の皆様を、部品や製品の評価技術等の面から支援しています。 詳細はこちらをご覧ください。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 電子機械研究課 〒514-0819 
津市高茶屋5丁目5番45号
電話番号:059-234-4040 
ファクス番号:059-234-3982 
メールアドレス:kougi@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000124880