現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 道路 >
  5.  知事が「全国高速道路建設協議会」の筆頭副会長に就任します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 道路企画課  >
  4.  高速道推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和02年07月01日

知事が「全国高速道路建設協議会」の筆頭副会長に就任します

 令和2年6月30日に鈴木三重県知事が「全国高速道路建設協議会」の筆頭副会長に就任することとなりました。
                  記
1 全国高速道路建設協議会について
 全国高速道路建設協議会(全高速)は、地域の自立と交流の一層の推進や大都市等の交通混雑を解消するため、「高速道路ネットワーク1万4000キロの高速道路が、計画的かつ最も合理的な方法で整備される」ことを目的に設立された全国組織です。
 高規格幹線道路の整備推進に向けて、全国の自治体や団体が一丸となって活動を展開しています。

2 就任の経緯
 全高速には、日本全国の50促進団体が加盟しています。役員は、47都道府県知事と議会議長等で構成され、会長として村井宮城県知事が、副会長として13道県の知事が就任しています。
 鈴木三重県知事は、平成25年8月に副会長に就任し、全国の自治体が集結する総会での意見発表や政府与党への要望活動において、高規格幹線道路網の整備推進や新たな財源の創出などを積極的に求めてきました。
 このたび、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて書面形式で開催された第56回全高速総会において、鈴木三重県知事の筆頭副会長選任が審議され、令和2年6月30日付で可決されました。

3 今後の取組について
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、あらためて大都市部への一極集中リスクが顕在化しました。地方に人と仕事を呼び込み、新次元の分散型の国土を創出していくうえで、大都市部と地方部をつなぎ、人の移動や物流を支えるとともに、災害時にも信頼性が高い高規格幹線道路ネットワークの整備は重要性を増しています。
 知事は、国土強靱化・地方創生や、大都市部への一極集中リスクの軽減など、日本が直面する課題解決に欠かせない高規格幹線道路ネットワーク整備に向け、全国の自治体や団体の皆さまと一層連携し、筆頭副会長として村井会長をしっかりと支え、引き続き全力で取り組んでまいります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 道路企画課 高速道推進班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-3016 
ファクス番号:059-224-2310 
メールアドレス:doroki@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000240001