現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 医師・看護職員確保対策 >
  5. 医師確保(おいないねっと三重) >
  6.  医療機関のコソダテ支援の取り組み
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 地域医療推進課  >
  4.  医師・看護師確保対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

おいないねっとコソダテinfo

医療機関のコソダテ支援の取り組み

私たちは、コソダテ医師の皆さんを歓迎します。

 三重県では、コソダテ中の勤務医師が離職しにくく、復職し易い環境づくりをめざし、コソダテ中の医師を定着、増加させるための先進的な取組を募集しました。
 ここでは、応募のあった、医療機関の取組みを取材し、その奮闘ぶりをご紹介します!

私たちは、コソダテ医師を応援します。

三重県、三重県医師会の協同で、三重県内の医療機関の様々な取組みを取材しました。
現場の生の声をお届けします!

NO.5 三重県立総合医療センター(H23.11.28、12.12取材)

#三重県立総合医療センターの産婦人科では、穏やかで思いやりのある上司のもと、子育て中の医師達が活躍しています。
“産婦人科は、妊娠から出産というおめでたいことに立ち会える素敵な科です!”

→取材記事はコチラ。 

NO.4 三重中央医療センター(H23.11.28取材)

#三重県内の新生児医療の拠点である三重中央医療センターの小児科を取材しました。
“毎日充実して過ごせます。小児科医募集中です!”

→取材記事はコチラ。 

NO.3 南勢病院(H23.9.2取材)

#“為せば成る 為さねば成らぬ 何事も”
やればできる可能性があります。やらなければ可能性は0です。できないというのは、やらないだけなのかもしれません。

→取材記事はコチラ。 

 NO.2 済生会松阪総合病院(H23.8.23取材)

#短時間正規雇用制度、院内保育園(H23年4月オープン!)で5名の子育て医師をサポート。アイデアが出たらみんなで実行!前向きで温かみのある病院です。

→取材記事はコチラ。 

NO.1 四日市社会保険病院(H23.3.9取材) 現、四日市羽津医療センター

#短時間正規雇用制度で、4名の子育て医師をサポート。院長自ら、率先して応援。働きやすい『雰囲気』がある病院です。

→取材記事はコチラ。 
 

先輩からの応援メッセ―ジ

#→先輩からの応援メッセージはコチラ。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 地域医療推進課 医師・看護師確保対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階西側)
電話番号:059-224-2326 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:chiiryo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000040105