現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 広聴・広報 >
  5. 県民の声相談・さわやか提案箱 >
  6. お答えします「県民の声を受けて」 >
  7.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 平成31年4月
  • 電話
  • 県政運営
  • 戦略企画部 統計課
  • ▼所属の名称について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     労働力調査の対象者あてに事前に葉書が届きますが、その差出人欄に三重県戦略企画部統計課と記載されていると、戦略企画部という名称にびっくりして、不信感、警戒心が強くなります。  聞いたことのある総務部や企画部ならいいのですが、戦略企画部は県民に浸透しておらず、理解されていないと思います。もっと周知するか部の名称を考えてほしいです。

    ●戦略企画部 統計課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただき、ありがとうございます。  統計調査の実施にあたりご心配ならびにお手数をおかけしています。県として調査をスムーズに行うことができる環境を整えることは必要なことであり、ご意見をいただいた件について、差出人の表示方法など、今後検討していきたいと存じますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】広聴広報の充実
    【事業】統計情報の効果的な発信と活用の促進

  • 平成31年4月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 総務部 管財課
    総務部 法務・文書課
  • ▼県庁の張り紙、ポスター、トイレについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     先日県庁に行ったところ、県庁前信号付近の掲示板の張り紙がはがれていたり、汚れていた状況でした。また、トイレの張り紙も破れていて、きれいな空間とは思えませんでした。職員だけでなく、県民も使用することを考えていないと感じました。  県庁内のポスター等についても、無造作に貼られていて、破れたり汚れたりしているものもあり、何のために作っているのか分からないものがたくさんあると思いました。  もう少しきれいにしてはいかがでしょうか。

    ●総務部 管財課
    <県の考え方・取組・方針>
     県庁の張り紙・ポスター等に関してご意見をいただきありがとうございます。  この度は、ご来庁時に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。  県では、県民の皆さんに気持ちよく県庁を利用していただけるよう、日頃から整理・整頓に努めているところですが、ご指摘をふまえトイレの張り紙については、改めて全てのトイレの点検・確認を行い、不具合のある箇所の改善を図りました。   また、県庁各階フロアのポスター・チラシについて、管理が十分でないものもありましたので、改めて庁舎管理者から適切な管理を行うよう促し、改善を図りました。  今後も、県民の皆さんに快適に利用していただける県庁の環境づくりに各部局と連携して取り組んでまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

    ●総務部 法務・文書課
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見をありがとうございます。  県庁前の掲示板につきましては、日頃から掲示物の管理に努めているところですが、今回ご指摘いただきました文書については、貼り直すなどの改善を図りました。  今後も、掲示物の適正な管理に取り組んでまいりますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】自立的な県行政の運営

  • 平成31年4月
  • 電話
  • 県政運営
  • 総務部 行財政改革推進課
  • ▼業務の属人化解消について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     働き方改革の一環として有給休暇の取得が義務付けられましたが、これを実行するためには業務の属人化を解消しなければならないと思います。属人化したままだと、何か問い合わせをしても「担当ではないので分からない」といった回答になり、スピード感を持った業務もできず、不祥事も起こると思います。  

    ●総務部 行財政改革推進課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただきありがとうございます。  組織全体として的確に業務を進めていくことは、事務処理ミスの防止や職員の仕事の進め方・働き方の質の向上につながると考えています。  このため、現在所属において、仕事の進め方や組織力の向上等に関する年間計画やその目標を明確にし、進捗管理を行う取組を全庁で行っています。  また、職員間でのスケジュールの共有や定期的なミーティングの実施など、互いに支えあう職場づくりにつながる取組を進めているところです。  的確な業務遂行の徹底に向けて、適切な事務引継ぎの実施、業務手順やチェック方法等を担当者にとどめず、上司や副担当者とも共有するなどの取組を進めるとともに、全庁に向けて取組の優良事例を紹介していくなど、組織として業務を行う体制づくりに一層取り組んでいきます。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】自立的な県行政の運営

  • 平成31年4月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 人事課
  • ▼職員の歩きたばこについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     近鉄江戸橋駅を利用している県職員が、駅から津庁舎までの間、1年以上毎日歩きたばこをしています。  また、職員と思われたくないのか、裏口のほうから庁舎に入り、歩きたばこをしているのが目につかないようしています。  登校する小学生とすれ違うこともある道なので、毎朝堂々と歩きたばこをしているのはいかがなものでしょうか。

    ●総務部 人事課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございました。 かねてより県民の皆様から職員の態度やマナーについてのご意見をいただいた際には、会議等の場で注意を促しているところですが、今回ご指摘いただきました職員の行動により、不快感を与えたことについてお詫び申し上げます。  ご指摘いただいた事案については、津庁舎内での会議の場を通じて、庁舎内職員への注意喚起を行います。  また、今回のご指摘も踏まえ、今後も様々な機会を捉えて職員に徹底するなど、職員のモラルやマナーの向上に取り組んでまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】その他

  • 平成31年4月
  • 電話
  • くらし・環境
  • 医療保健部 鈴鹿保健所保健衛生室
  • ▼迷い犬の保護について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     飼っている犬が逃げ出し探していたところ、警察と鈴鹿保健所の方が保護している現場で見つけました。保護してくださり助かりましたが、その現場に間に合わなければ、保健所へ連れていかれるところでした。  犬にはチップが埋め込まれており、獣医さんから各警察と各保健所にはそれを読み取る機械があると聞いていました。その機械を持ってきていれば、すぐにどこの犬かわかるのではないでしょうか。  私の場合は、現場に間に合ったのでよかったですが、もし間に合わなければ、保健所へ引き取りに行く必要がでてきます。その場ですぐに飼い主へ連絡できるように、今後は読み取りできる機械を持って現場に行くようにしてほしいです。

    ●医療保健部 鈴鹿保健所保健衛生室
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見ありがとうございます。  飼い犬が見つかるまで大変ご心配されたことと思います。  鈴鹿保健所では、1頭でも多くの迷い犬を飼い主の元へ帰せるよう、飼い犬の所有者明示に係る啓発等を行っているところです。  所有者明示に関しては、マイクロチップの挿入のほか、狂犬病予防法において、犬の所有者には、犬への鑑札および注射剤票の装着が義務付けられており、これらの番号により所有者を特定し、連絡を行っています。また、動物を保護する際は、現地にマイクロチップリーダーを持参し、飼い主を早期に特定することにより、できる限り現地での返還に努めています。お申し出の内容について、日時等が不明であるため、個別の対応状況については不明ですが、同時に複数の動物を保護する必要が生じたときなど、現地にマイクロチップリーダを持参できない場合があることをご理解ください。  なお、上記のマイクロチップ、狂犬病予防法に基づく鑑札・注射済票に加えて、犬を保護した方がすぐに飼い主の連絡先がわかるよう、飼い主の名前、連絡先のわかる迷子札等の装着をお願いするなど、飼い犬の所有者明示に係る取組を進めています。  今後とも、動物愛護管理行政について、一層のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】暮らしの安全を守る
    【施策】薬物乱用防止と動物愛護の推進等
    【事業】人と動物との共生環境づくり

  • 平成31年4月
  • 封書・葉書
  • くらし・環境
  • 環境生活部 廃棄物監視・指導課
  • ▼不法投棄の監視・指導の徹底について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     昨年、市から「冷蔵庫が不法に投棄されているので、土地所有者で早急に処分するように指導する。」という旨の連絡がありましたが、現場を確認すると、その場所は私の所有地ではありませんでした。また、他にも市が管理する道路の境界付近に大量の空き缶が投棄されているところもあります。こうした現状が長期にわたって改善されません。県として不法投棄の監視・指導の徹底をお願いします。

    ●環境生活部 廃棄物監視・指導課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただきありがとうございます。  今回いただきました内容につきましては、現場を確認した上で、市と協議を行わせていただきました。その協議結果として、当該土地は不法投棄が後を絶たない状況であるため、土地の管理者である市が未然防止のための措置を講じるとともに、監視強化に努めることを確認いたしました。  なお、ご意見にありました冷蔵庫の投棄は、土地管理者によって既に撤去されております。県としましては、今後も引き続き、不法投棄の未然防止及び早期発見・早期是正のため、各市町及び県警察等の関係機関と連携して、監視・指導活動を積極的に進めてまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】環境を守る
    【施策】廃棄物総合対策の推進
    【事業】不適正処理の是正措置の推進

  • 令和元年5月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 農林水産部 農産園芸課
  • ▼種子条例の制定について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     種子法廃止を受け、いち早く独自の種子条例を制定した県がありました。他県も続々と自分達の種子を守るために条例制定しています。のんびりしていると、農家はひどい目に遭います。遺伝子組み換え品種の恐ろしさを甘く見てはいけないと思います。三重県の美味しい米、その他の野菜の種子を守ってください。種子条例制定を急ぐことを求めます。

    ●農林水産部 農産園芸課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  三重県では、主要農作物種子法の廃止を受け「三重県主要農作物採種事業実施要綱」を策定し、これまでと同様に、優良種子の安定供給に取り組んでいるところです。  また、平成30年5月に主な関係機関参画のもと「三重県主要農作物採種事業検討会」を設置しました。当検討会において、新たな要綱のもとでの種子の生産状況を確認・検証したところ、優良種子の確保については現時点で特に支障がないことを確認しています。  ご提案いただいた条例について、検討会等において、その必要性も含めて検討していきたいと考えています。
    <三重県総合計画>
    【政策】農林水産業
    【施策】農業の振興
    【事業】水田農業の推進

  • 平成31年4月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 雇用経済部 工業研究所(窯業研究室)
  • ▼職員の対応について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     四日市にある窯業研究室の電話対応、来客対応がひどすぎます。朝電話するとその日1日気分が悪くなるくらい嫌な感じで、民間なら雇えないレベルの受け答えです。訪問して職員の呼び出しをお願いした際には、何も言わず内線で呼び出し、新聞を読みはじめた職員がいました。   ちゃんとした対応ができない職員を置くのはやめて欲しいです。県民から愛される窯業研究室にしていただきたいです。

    ●雇用経済部 工業研究所(窯業研究室)
    <県の考え方・取組・方針>
     この度は、職員の対応により、大変不快な思いをおかけしましたことを深くお詫びいたします。  職員には、以前から研修や会議など機会を捉えて、来客者への接遇について周知を図っているところですが、今回いただきましたご意見を生かし、皆さまが気持ちよく来所していただけるよう、改めて周知徹底を図り、丁寧かつ適切な対応に努めてまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成31年4月
  • 電子メール
  • 観光・産業・しごと
  • 雇用経済部 中小企業・サービス産業振興課
    雇用経済部 観光政策課
  • ▼伊勢志摩の発展について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     伊勢志摩の駅周辺の商店街などに、三重県の食を活かした市場を作ってはいかがでしょうか。  他県の市場に観光で行くと、国内の観光客だけでなく、海外からも日本食を求める老若男女で賑わっています。三重県に来る人にも、気軽に食を楽しみたい、贅沢な旅行にしたい、お土産も同時に選んで楽しみたいという思いがあります。鮮魚をそのまま味わえる、雨でも楽しめるアーケード商店街の活気ある市場には、全国でも人気があるおかげ横丁とはまた違う楽しみがあります。ぜひご検討をお願いします。

    ●雇用経済部 中小企業・サービス産業振興課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見いただきましてありがとうございます。  商店街への来街者の増加にむけては、個店の魅力を向上させることが重要であると考えております。三重県としましては、商店街等に対して専門家の派遣や活性化プラン作成への参画等を通じて商店街の振興を図っているところです。 また、食関係事業者とデザイナー等の多様なネットワークを構築するとともに、三重の食のブランドイメージを向上させるため、市場ニーズにあった商品開発や商品の付加価値向上に取り組む事業者を支援しています。これらの取組とともに、三重の食の魅力を国内外へ発信する取組を通して、三重の食を求めて国内外から多くの観光客が訪れ、食産業の活性化につながることをめざしています。  いただきましたご意見につきましては、今後の県の取組における参考とさせていただきます。今後も県の取組に対して、ご理解・ご協力をお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】強じんで多様な産業
    【施策】中小企業・小規模企業の振興
    【事業】商業・サービス産業の振興

    ●雇用経済部 観光政策課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは、ご意見いただきありがとうございました。  ご意見いただきました、観光に市場を活かすことについては、三重県ならではの食材が並び、賑わう場所として、三重県観光PRのWebサイトにおいて、市場をテーマとして特集記事を作成するなど、 観光魅力のプロモーション等を通じて、誘客に取り組んでいるところです。  今後とも、本県の観光行政へのご理解・ご協力をお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】世界に開かれた三重
    【施策】観光の産業化と海外誘客の促進
    【事業】持続可能な観光地づくり

  • 平成31年4月
  • 電子メール
  • まちづくり
  • 県土整備部 志摩建設事務所総務・管理・建築室
    議会事務局
  • ▼違法建築物による宿泊施設について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     市内に建築確認を受けずに建てられた建築物で、旅館業のような業務を行っている施設があります。利用者の安全が確保されているのか、衛生管理、排水対策などが適正に行われているのか不安でなりません。この件について行政手続法36条の3の規定に基づいて処分等の求めを行いましたが、調査の結果、行政指導の内容等について回答がありません。  県の建設事務所は、このような事態に陥った経緯も含めて情報を開示し、再発防止に全力を尽くすべきと考えます。また県議会は行政担当部署の規制権限を発動しない等の「不作為」を監視する義務があると思います。

    ●県土整備部 志摩建設事務所総務・管理・建築室
    <県の考え方・取組・方針>
     日頃は県行政にご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。  ご意見をいただきました事案に関する調査の結果や行政指導の内容等については、公にすることにより、当該法人等又は当該個人の競争上の地位その他正当な利益を害すると認められることから、三重県情報公開条例第7条第3号に規定される非開示情報に該当します。  また、調査の結果や行政指導の内容等の存否についても、存否を答えるだけで、非開示情報を開示することになることから、同条例第11条に基づき、お答えできかねますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】安心と活力を生み出す基盤
    【施策】安全で快適な住まいまちづくり
    【事業】適法な建築物の確保

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは県議会にご意見をいただき、ありがとうございます。  いただきましたご意見は全議員に周知いたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 平成31年4月
  • 電子メール
  • まちづくり
  • 県土整備部 道路企画課
  • ▼新名神・菰野インターチェンジの場所について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     菰野インターチェンジの場所が、誰もが使いにくい、おかしな場所にあります。インターチェンジは国道306号から出入りできる場所に出来て当然と考えていました。誰がこのような計画をしたのでしょうか。今のインターチェンジはなくすか、湯の山インターチェンジとでも名称を変更して、306号沿いに新たに、本来の菰野インターチェンジを作るべきです。

    ●県土整備部 道路企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見ありがとうございます。  新名神高速道路は中日本高速道路株式会社の事業として整備されました。新名神高速道路及びインターチェンジの位置につきましては、周辺の土地利用を含む沿道条件や環境条件などの地域特性を総合的に検討し決定されています。また、位置につきましては、都市計画決定の手続きを経ており、決定過程において、国、県、関係市町の意見だけでなく周辺住民の意見をお聞きしています。  なお、国道306号から菰野インターチェンジへは、菰野大橋北交差点より西へ約1km先の国道477号からアクセスしていただけます。
    <三重県総合計画>
    【政策】安心と活力を生み出す基盤
    【施策】道路網・港湾整備の推進
    【事業】高規格幹線道路および直轄国道の整備促進

  • 令和元年5月
  • 電子メール
  • スポーツ・教育・文化
  • 教育委員会 社会教育・文化財保護課
  • ▼優良PTA文部科学大臣表彰の選考について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     平成31年4月16日付けの表彰要領と共に、文科省より送付された「優良PTA文部科学大臣表彰Q&A」は入手されていますか。また、各市町教育委員会への選考依頼の際には本Q&Aの内容も含めて依頼されていますか。  団体加入時の入会説明が無い、入退会規約が無いといった強制加入団体が表彰されていることに疑念があります。加入にあたって、PTA会長からの口頭説明での対応等としている場合には、どのように運用されているか大変不明確であることから、規約等で明確にすることが望ましい組織運営であると考えます。本表彰の推薦団体の選定にあたって、当該団体が個人情報の適正な取り扱いに配慮していること、団体加入時に活動内容や入退会に関する説明が適切に行われていることなどを確認し、被表彰団体として疑念を持たれることがないよう留意しているか教えてください。

    ●教育委員会 社会教育・文化財保護課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは貴重なご意見をいただきありがとうございます。  優良PTA文部科学大臣表彰につきまして、県では平成31年4月16日付けの表彰要領とともに、「平成31年度優良PTA文部科学大臣表彰Q&A」(以下Q&A) を入手しております。また、各市町教育委員会等への選考依頼の際にはQ&Aを含めて送付するとともに、選考に際し被表彰団体がQ&Aを遵守しているかの確認を行っております。  今後も、文部科学省からの表彰要項やQ&A等を踏まえ、適切な推薦を行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】学びの充実
    【施策】文化と生涯学習の振興
    【事業】社会教育の推進と地域の教育力の向上