現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 広聴・広報 >
  5. 県民の声相談・さわやか提案箱 >
  6. お答えします「県民の声を受けて」 >
  7.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 令和06年4月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 行財政改革推進課
  • ▼風通しの良い職場づくりについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県庁を意見が言いやすい風通しの良い職場にしてください。そうすれば新しい発想が生まれます。現在の職場環境は昭和の時代のような机の並び方で、課長の机を前にして、縦に向かい合ってその他の職員の机が並んでいます。これは、机の並び方で上下関係を暗に強調しており、上司に気軽に話しかけることができません。  また、知事は若い職員とのコミュニケーションを取ることが必要です。職場に活気をもたらすためにも意見が言いやすい環境づくりをお願いします。

    ●総務部 行財政改革推進課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは、貴重なご意見をいただきありがとうございます。  本県では、職員が「ライフ」においても「ワーク」においても充実感を持って自己実現できるよう、所属長が中心となり、積極的に職場内のコミュニケーションを活性化させ、職員が働きやすいと感じられる風通しのよい職場づくりを推進しています。  所属長と職員が定期的に対話を行う仕組みも定着しており、職員同士が支え合い、助け合うために考えられることを、積極的に提案し合う取組も実施しています。  今後も、若手職員をはじめ、職員一人ひとりが率直に意見を言い合える、風通しのよい職場づくりに取り組んでいきます。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】県民の皆さんから信頼される県行政の推進
    【事業】県民の皆さんに成果を届けるための仕事の進め方改革の推進

  • 令和06年3月
  • 電話
  • 県政運営
  • 総務部 人事課
    総務部 管財課
    環境生活部 美術館
  • ▼職員の交通マナー等について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県庁横の県道10号において、横断歩道ではなく、車の間を縫って道路を横断する職員がいます。迷惑なのでやめてほしいです。道路交通法を守るよう庁内で注意喚起してほしいです。  吉田山会館の付近にある職員駐車場は職員が無料で駐車できるそうですが、有料にすべきだと思います。また、どういう職員が駐車場を利用できるのか広報してほしいです。  県立美術館の平日の閉館時間が早いと思います。来館者に開館時間に関するアンケート調査を実施したそうですが、来館者にアンケートをとっても、美術館に行けない人のニーズは拾えないと思います。遅い時間にも行けるように改善してほしいです。

    ●総務部 人事課
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見をいただきありがとうございます。  横断歩道がある場所で、その横断歩道によらず道路を横断することは危険な行為であり、厳に慎むべきものです。  職員に対しては、かねてより、法令や社会規範はもちろんのこと、交通ルールやマナーを遵守し、三重県職員として県民の皆様の信頼に応えていくよう、研修等により注意を促しているところですが、改めて様々な機会を捉えて注意喚起を行ってまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】県民の皆さんから信頼される県行政の推進
    【事業】人材育成の推進

    ●総務部 管財課
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見をいただきありがとうございます。  職員駐車場は、自家用車を利用して通勤する職員を対象に無償での駐車許可を行っています。対象職員は、交通不便地(自宅から勤務公署までの距離が3km以上かつ自宅から最寄り駅までの距離が2km以上あること)に居住する者としており、広報等により公にすることはしておりません。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】持続可能な財政運営の推進
    【事業】最適な資産管理と職場環境づくり

    ●環境生活部 美術館
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見をいただきありがとうございます。  現在、当館では、平日ご来館いただけない方々のために、土日祝日を開館日としています。現行の開館時間の延長につきましては、人員体制や開館することに伴う経費等を総合的に判断すると、難しい状況にあります。  今後も、県民のみなさまのニーズを把握し、より良い美術館となるよう努めてまいります。ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】文化・スポーツ
    【施策】文化と生涯学習の振興
    【事業】文化にふれ親しみ、創造する機会の充実

  • 令和06年4月
  • 電子メール
  • まちづくり
  • 県土整備部 道路企画課
  • ▼道路整備について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     名張市は、高速道路がないうえ、市街地に出る道路も狭く、国道368号の4車線化も出来ていません。  三重県の他の地域と比較して名張市の道路整備状況が悪いのはなぜでしょうか。  また、国道165号では土日祝日の渋滞がひどいと思われますが、バイパス建設の話も聞きません。  名張市の道路整備に関して県の考えを教えてください。

    ●県土整備部 道路企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見いただきありがとうございます。  三重県内の幹線道路ネットワークについては、現在、近畿自動車道紀勢線や東海環状自動車道の整備等、南北軸の強化を加速しておりますが、東西軸の強化もあわせて進める必要があると認識しております。  そのため、伊賀地域における東西軸である名阪国道を中心とした道路ネットワークの機能強化に向けて整備を進めています。現在は国道368号の名阪国道上野ICから国道165号までの間、延長14.2kmにおける4車線化について優先して取り組んでおり、これまで約5.1kmを4車線化しております。  名張市内における幹線道路の整備については、関西圏と三重県との地域間の交流・連携、経済活動を支える観点から重要であると考えております。また同時に、生活道路についても、渋滞対策や、通学路をはじめとした交通安全対策、災害に備えた防災対策等、道路空間における安全性や快適性の確保が重要であると考えております。  今後とも、地域のニーズや実情等を踏まえ、優先度等を考慮しながら順次、整備を進めてまいりますので、ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】交通・暮らしの基盤
    【施策】道路・港湾整備の推進
    【事業】県管理道路の整備推進

  • 令和06年4月
  • 電子メール
  • 議会
  • 議会事務局
  • ▼パレスチナ自治区ガザ地区における早期の平和構築を求める意見書について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     三重県議会では、令和5年12月21日付で「パレスチナ自治区ガザ地区における早期の平和構築を求める意見書」を可決していますが、海外の事案については国が対応すべきであり、県議会や市町村議会の意見書は可決しても何の効力もないと思います。  県議会が、外国に対する交渉はできないはずなのに、このような意見書を可決しても相手国には何も伝わらず、無駄なことではないでしょうか。

    ●議会事務局
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは県議会にご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。いただきましたご意見は、全議員に周知いたします。  なお、ご意見をいただきました意見書については、パレスチナ自治区ガザ地区における早期の平和構築が実現できるよう、国に対し、国際社会において積極的な役割を果たすよう求めたものであり、可決後速やかに、地方自治法第99条の規定に基づき、衆参両院議長及び内閣総理大臣等に提出いたしました。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他