現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 広聴・広報 >
  5. 県民の声相談・さわやか提案箱 >
  6. お答えします「県民の声を受けて」 >
  7.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 令和02年7月
  • 電話
  • スポーツ・教育・文化
  • 地域連携部 総務企画課
  • ▼国体の入場料について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     6月30日に専門委員会で国体の入場料について話し合われました。新聞には開会式、閉会式は無料と書いてありました。三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会事務局に電話して確認してみると、開閉会式は無料で、高等学校野球は500円徴収するとのことでした。なぜ野球だけ有料なのかさらに聞くと、高校野球は地方大会でも学校関係者や保護者を除く一般の方からは入場料を徴収しているので、国体でも同様に入場料を徴収することになったとの答えだったので不審に思いました。組織が異なるのに同じように取り扱い、野球だけ入場料を徴収するのはおかしいと思います。

    ●地域連携部 総務企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  国体の入場料については、(公財)日本スポーツ協会が定める「国民体育大会開催基準要項」に規定があり、開催県の国体実行委員会が(公財)日本スポーツ協会と協議して決めるとされています。  総合開会式及び閉会式の入場料については、三重県実行委員会が調整を行い、どちらも無料とする方向で(公財)日本スポーツ協会と協議のうえで決定します。  一方、市町で開催される各競技については、開催市町と競技団体が市町の状況や競技の特性等を鑑みて調整を行います。その結果、高等学校野球(硬式)を除く各競技では、入場料を無料とする判断がなされ、それを受けて三重県実行委員会が日本スポーツ協会と協議のうえで決定します。  高等学校野球(硬式)については、(公財)日本高等学校野球連盟が主管となっており、開催市(伊勢市・津市)が開催県競技団体(三重県高野連)と(公財)日本高等学校野球連盟に対し、入場料の徴収可否の伺いを立てたうえで、主催者である伊勢市・津市が入場料を有料とする判断をしています。  なお、その収入は、選手・関係者の安全確保のための警備業務や会場設営費など大会の運営経費として使用するとのことでした。  また、金額については、通常大会でも入場料(一般600円、高校生200円)を徴収しており、その均衡も考慮したうえで決定しましたが、野球の普及促進の効果を考慮し、高校生については、今回無料とする判断をしたとのことです。  ご理解いただきますようお願い申し上げます。
    <三重県総合計画>
    【政策】三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功とレガシーを生かしたスポーツの推進
    【施策】競技スポーツの推進
    【事業】三重とこわか国体・三重とこわか大会の開催