現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 広聴・広報 >
  5. 県民の声相談・さわやか提案箱 >
  6. お答えします「県民の声を受けて」 >
  7.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 令和02年6月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 戦略企画部 戦略企画総務課
  • ▼新型コロナウイルス感染症に係る学生支援事業について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     新型コロナウイルス感染症にかかる学生支援事業について、なぜ対象者を県内高等教育機関に在籍している人に限定しているのですか。三重県内に住んでいる人を対象にするべきだと思います。

    ●戦略企画部 戦略企画総務課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは、貴重なご意見をいただきありがとうございます。  本県では、みえ県民力ビジョンにおいて、「地域の未来と若者の活躍に向けた高等教育機関の充実」を施策として掲げ、県内の高等教育機関における教育・研究等の充実や、同機関と地域との連携強化等に向けた各種取組を進めています。  このようななか、県内高等教育機関では、新型コロナウイルス感染症の拡大等をふまえ、学生と教職員、県民の皆さんの感染防止を最優先事項とし、急遽、多額の費用を投入し、オンライン授業の導入等の対策に取り組んでいます。  本県としては、施策推進上のパートナーである県内高等教育機関の教育研究活動や地域貢献活動等への影響を小さくするための対応を検討してきました。  今回ご意見をいただいた事業も、県内高等教育機関から意見を伺うなかで、家計の急変等に伴って学びの継続に不安を抱える学生が多くいること、退学等に至った場合には、今後の教育研究活動等への影響が一層大きくなったり、経営の悪化につながること等もわかってきました。  このことから、本県としては、(独行)日本学生支援機構が家計の急変した学生の支援を既に開始していたことや、学生も雇用調整助成金の対象となり、また緊急小口融資制度を利用できること、さらには国が現金給付による学生支援に動き始めたこと等も考慮し、県内高等教育機関に在学する学生のうち、(独行)日本学生支援機構の奨学金受給者等を対象とする独自の事業を構築して、これらの方々を支援することとし、さらには、これを通じて県内高等教育機関も応援することとしたところです。  もとより、本県としましては、新時代「令和」の主役である全ての学生の皆さんが充実した学生生活を送り、夢を実現できるよう応援していますが、限られた財源の中で、国等との役割分担や、みえ県民力ビジョンに掲げた施策を実現していくうえでの効果等といった点を勘案して事業を構築・実施していかなければなりませんので、ご理解いただきますようお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】学びの充実
    【施策】地域の未来と若者の活躍に向けた高等教育機関の充実
    【事業】県内高等教育機関の魅力向上・充実

  • 令和02年6月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 人事課
  • ▼コロナ対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県庁でのコロナ対策、新しい生活様式に対する働き方改革はどのようになっていますか。部署によってはマスクを着用せず、対面式の打ち合わせスペースでの対策は全くありませんでした。また、職員はほぼ全員出勤していると見受けられる部署もありました。  県庁のコロナ対策(マスクやフェイスシールドなどの対策)や、リモートワークは現在何パーセント行われていますか。県民の見本となるべき県がどれだけ取り組まれているか示してください。

    ●総務部 人事課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  県では、各職場において、マスク着用を含む咳エチケットの徹底、手洗いの徹底、「三つの『密』」の回避及びソーシャル・ディスタンスの確保に取り組むよう通知しているところです。そのうえで、来庁される県民の方との接触機会が多い職場では、対面場所に飛沫感染防止用のビニールシートを設置するなど、それぞれの状況に応じた対策を実施していますので、ご理解いただきますようお願いいたします。  また、在宅勤務(テレワーク)については、感染拡大の第二波発生等に備えるため、職員の制度利用を推奨しているところであり、引き続き自宅で業務を行いやすい環境の整備に努めてまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】人材育成の推進

  • 令和02年7月
  • 電話
  • スポーツ・教育・文化
  • 地域連携部 総務企画課
  • ▼国体の入場料について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     6月30日に専門委員会で国体の入場料について話し合われました。新聞には開会式、閉会式は無料と書いてありました。三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会事務局に電話して確認してみると、開閉会式は無料で、高等学校野球は500円徴収するとのことでした。なぜ野球だけ有料なのかさらに聞くと、高校野球は地方大会でも学校関係者や保護者を除く一般の方からは入場料を徴収しているので、国体でも同様に入場料を徴収することになったとの答えだったので不審に思いました。組織が異なるのに同じように取り扱い、野球だけ入場料を徴収するのはおかしいと思います。

    ●地域連携部 総務企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  国体の入場料については、(公財)日本スポーツ協会が定める「国民体育大会開催基準要項」に規定があり、開催県の国体実行委員会が(公財)日本スポーツ協会と協議して決めるとされています。  総合開会式及び閉会式の入場料については、三重県実行委員会が調整を行い、どちらも無料とする方向で(公財)日本スポーツ協会と協議のうえで決定します。  一方、市町で開催される各競技については、開催市町と競技団体が市町の状況や競技の特性等を鑑みて調整を行います。その結果、高等学校野球(硬式)を除く各競技では、入場料を無料とする判断がなされ、それを受けて三重県実行委員会が日本スポーツ協会と協議のうえで決定します。  高等学校野球(硬式)については、(公財)日本高等学校野球連盟が主管となっており、開催市(伊勢市・津市)が開催県競技団体(三重県高野連)と(公財)日本高等学校野球連盟に対し、入場料の徴収可否の伺いを立てたうえで、主催者である伊勢市・津市が入場料を有料とする判断をしています。  なお、その収入は、選手・関係者の安全確保のための警備業務や会場設営費など大会の運営経費として使用するとのことでした。  また、金額については、通常大会でも入場料(一般600円、高校生200円)を徴収しており、その均衡も考慮したうえで決定しましたが、野球の普及促進の効果を考慮し、高校生については、今回無料とする判断をしたとのことです。  ご理解いただきますようお願い申し上げます。
    <三重県総合計画>
    【政策】三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功とレガシーを生かしたスポーツの推進
    【施策】競技スポーツの推進
    【事業】三重とこわか国体・三重とこわか大会の開催

  • 令和02年6月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 県土整備部 鈴鹿建設事務所総務・管理室
  • ▼海岸のごみについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     鈴鹿市の鼓ヶ浦海岸にバーベキューのゴミが放置されています。鼓ヶ浦海岸はバーベキューしてもいいと書いてある場所があり、土日になるとたくさん人が来てゴミを片付けずに帰ります。海岸でのバーベキューを許可するなら、看板に何ヵ国かの言語でゴミは必ず持ち帰るように書いて欲しいです。

    ●県土整備部 鈴鹿建設事務所総務・管理室
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは、海岸の美化についてご意見をいただきありがとうございます。  海岸は公共空間であるため、誰もが自由に使えることが原則となっています。  しかしながら、ご指摘いただいたとおり、海岸には不法投棄されたとみられるごみが見受けられることから、不法投棄の禁止を呼びかける掲示を数か所に設置しているところですが、今後は、外国語での呼びかけも記載してまいります。  なお、「バーベキュー指定場所」看板の設置者である鈴鹿市観光協会と鼓ヶ浦観光協会に確認したところ、コロナ感染防止対策のため海水浴場の開設中止に伴い、「バーベキュー指定場所」の看板については速やかに撤去するとの回答を得ています。
    <三重県総合計画>
    【政策】安心と活力を生み出す基盤
    【施策】安全で快適な住まいまちづくり
    【事業】安全で快適なまちづくりの推進