現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政情報 >
  4. 広聴・広報 >
  5. 県民の声相談・さわやか提案箱 >
  6. お答えします「県民の声を受けて」 >
  7.  検索結果
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

検索結果

検索結果一覧(表示は、応対した部局・所属別、受付年月の順で並べています。)

▼受付件名をクリックすると詳細のページを表示します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

受付年月 受付方法 受付件名 応対所属名 カテゴリ名
  • 令和03年8月
  • 電子メール
  • まちづくり
  • 戦略企画部 企画課
  • ▼県庁所在地の移行について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県行政において、県庁を四日市市に設置することはどのように考えていますか。  私は県内で経済、産業、人口共にトップであるといえる四日市市が県庁所在地でないことに疑問を持っています。四日市市が県庁所在地になると、松阪市以南から県庁へのアクセスの悪化が見込まれることや南北に長い三重県の地形に対するバランスが悪くなることなどがデメリットとして挙げられることがありますが、私は、四日市市が県庁所在地になってもそのような悪影響は少ない、あるいはほぼないと考えます。実際に近隣の岐阜県、奈良県は県庁所在地が県の端に位置しています。  四日市市は中核市への移行を目指し、市中心部や副市街地の再開発が進み、発展しているようにも感じます。県庁所在地への移行が決定すれば、県内トップの都市である四日市市との連携も取りやすくなり、県の発展にも繋がるのではないかと考えます。  津市よりも四日市市が県庁所在地になった方がより県全体の魅力を感じてもらうことに繋がると思います。

    ●戦略企画部 企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     これからの県政について考え、ご意見をいただいたことにお礼申し上げます。  現在の三重県は、明治9年に度会県との合併により成立し、その当時から県庁所在地を津市として、現在に至っています。  都道府県庁の設置や移転に関しては、地方自治法第4条において「事務所の位置を定め又はこれを変更しようとするときは、都道府県の条例を定めなければならない。」、「事務所の位置を定め又はこれを変更するにあたっては、住民の利用に最も便利であるように、交通の事情、他の官公署との関係等について適当な考慮を払わなければならない。」と定められています。  このため、県庁の移転を行う際には、上述のように、県民の皆さんの利用に最も便利であるように、地域の事情などを踏まえ、検討する必要があると考えています。  ご指摘のように、経済、産業、人口共にトップである市町を県庁所在地とする考え方もあるかもしれませんが、県庁の移転を検討する際には、さまざまなメリット・デメリットが生じることを考慮する必要があります。県庁の移転は、多くの県民や事業者の皆さん、県内市町など、県内のあらゆる主体に大きな影響を及ぼすことがあり、その移転プロセスも含めて、検討していく必要があります。また、用地の取得や庁舎の建設など、多額の費用を要し、こうした費用は、県民の皆さんからいただいた税金により支払われることとなります。将来、こうした議論が県内において活発となり、県庁の移転について検討を行うこととなった場合には、県議会をはじめ、より多くの県民や事業者の皆さん、各市町などの意見も十分にお聴きし、幅広に議論を喚起しながら検討していく必要があると考えています 。  なお、例であげていただいている奈良県に関しては、今回いただいたご意見とは逆に奈良県の「南北格差」の問題を解決するために県庁を奈良市から橿原市へ移転するという決議案が奈良県議会で可決されるという動きが2018年にあったようです。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 管財課
  • ▼喫煙所について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県庁の喫煙所は換気や人数制限をしていますが、新型コロナウイルス感染症の感染リスクが非常に高い場所です。県庁でクラスターが発生し、感染経路が不明なものが多いということであれば、喫煙所をすぐに閉鎖するべきだと思います。

    ●総務部 管財課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただきありがとうございます。  現在、喫煙所では、三密を避けるため、換気扇を常時稼働し、十分な換気を行うとともに、入室人数を制限するなど感染防止対策を行っています。また、新型コロナウイルス感染症患者の喫煙所利用が確認された場合には、速やかに喫煙所の消毒を行っているところです。  今後も県内及び県庁内の感染状況をふまえ、万全な感染対策を実施してまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県財政の的確な運営
    【事業】最適な資産管理と職場環境づくり

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 管財課
  • ▼県庁の石盤について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     毎日、テレビでコロナウイルス感染症の発生状況のニュースを見ています。三重県庁の映像が映ると石盤付近の花壇に草が生えていて気になるので綺麗にしてほしいです。

    ●総務部 管財課
    <県の考え方・取組・方針>
     貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます。  三重県庁前の石盤前の花壇については、9月14日に花の植え替えを行いました。なお、新しく植えられる草花は本来、三重国体・三重とこわか大会で使用される予定であった三重県産のものを有効活用しています。  今後も県民の方々にご満足いただけるよう庁舎管理・維持に努めてまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県財政の的確な運営
    【事業】その他

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 桑名県税事務所税務室
    地域連携部 桑名地域防災総合事務所地域調整防災室
  • ▼桑名庁舎の感染症対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     桑名県税事務所で新型コロナウイルス感染症の陽性者が出たと新聞で見ました。何度か訪問したことがありますが、職員間の距離も近く、パーティションなどで仕切られていないので心配になりました。職員も全員そろっていて、県としてテレワーク、分散勤務、時間差勤務を県民に呼びかけているのに職員が実行していないのはどういうことですか。  昼休みの時間帯に職員が出入りしている部屋がありましたが、換気はされているのでしょうか。どのように感染症対策を行っているのか教えてください。

    ●総務部 桑名県税事務所税務室
    <県の考え方・取組・方針>
     日頃は、桑名県税事務所の業務にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。  当事務所において、8月30日(月)、職員1名が新型コロナウイルスに感染していたことが判明し、職場、職員の状況確認を行う必要があるため、同日正午から事務所を閉鎖し、電話対応等の業務のみ行うこととしました。その後、職場内での感染拡大が認められなかったことから、閉鎖を9月3日(金)で終了し、窓口対応を含む通常業務を9月6日(月)から再開したところです。皆様にご心配とご不便をお掛けしましたことにつきまして、お詫び申し上げます。  桑名県税事務所においては、県税の賦課・徴収に係る最低限の業務を維持しつつ、オンライン研修、オンライン会議時に自宅、別室から参加するなど、職場における密回避に努めています。また、窓口・執務スペースへの飛沫感染防止用フィルムの設置と定期的なアルコール消毒を行うとともに、出勤前の検温、職場の換気等、基本的な感染防止対策を徹底しています。このほか、食事や休憩など「居場所の切り替わり」の場面においても、感染防止対策の徹底を図っています。  今後も引き続き新型コロナウイルス感染防止に全力で取り組みながら、県政の推進を図ってまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

    ●地域連携部 桑名地域防災総合事務所地域調整防災室
    <県の考え方・取組・方針>
     桑名庁舎では、庁舎・職場の出入り口等に手指消毒剤を設置して入館者の手指消毒をお願いするとともに、空調機は常時外気取り入れ運転、及び1日3回(9,12,15時)の窓開けを実施して館内の換気を行い、新型コロナウイルス感染症拡大防止を図っています。  また、食堂・職員休憩室には飛沫防止シートを設置、対面で座らないよう席を配置する等の対策をとっており、昼食の場面における感染リスク低減にも努めています。  なお、職員に感染疑いが判明した時点でその職員の行動履歴を確認し、該当部分及びトイレ等館内共用部分の消毒作業を行っています。  引き続き、対策を徹底してまいりますので、県民の皆さまにおかれましても、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県財政の的確な運営
    【事業】その他

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 行財政改革推進課
  • ▼職員の懲戒処分について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     なぜ無免許運転で減給1か月、信号無視して自転車で移動していた人を怪我させて減給3か月の処分なのですか。懲戒免職にならないのですか。

    ●総務部 行財政改革推進課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびの本県職員が起こした交通事故及び交通法規違反により、県民の皆様の信頼を大きく損なうこととなり、深くお詫び申し上げます。  懲戒処分における具体的な処分量定については、事案の原因、結果、他の職員及び社会に与える影響、職員の職責の程度等を総合的に勘案して決定しています。  今回の処分を実施した2件の事案においても、交通法規違反の内容をはじめ、上記に挙げた事項を総合的に勘案したうえで処分量定を決定しておりますので、ご理解いただきますようお願いします。  今後、再発防止を図るため、より一層コンプライアンスの徹底に取り組んでまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】不適切な事務処理および不祥事0(ゼロ)めざすコンプライアンスの推進

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 総務部 人事課
  • ▼県庁の新型コロナウイルス感染対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県内では現在緊急事態宣言が発令中で、知事が感染予防対策を県民に対して呼びかけ、飲食店への時短営業、酒類提供の自粛、県民への県境をまたぐ不要不急の外出の自粛などを呼びかけているにもかかわらず、三重県庁2階の3つの課から新型コロナウイルス感染者を出すとはどういうことですか。そのようなことで県民に対して自粛を呼びかけられるのでしょうか。

    ●総務部 人事課
    <県の考え方・取組・方針>
     日頃は、県政にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。また、皆様には、感染防止対策の徹底にご協力いただき心から感謝を申し上げます。  県庁本庁舎でクラスターが発生したことにつきまして、県民の皆様にご心配・ご不便をおかけし、大変心苦しく、重く受け止めているところです。  県庁においては、感染者の発生をふまえて最大級の警戒感・危機感をもちつつ、県民サービスの低下を招かないようにしながら、新型コロナウイルス感染防止に全力で取り組むよう、職員に周知を行ってまいりました。  今回のクラスター発生については、感染者の発生・拡大の経過と概要をふまえて検証を行い、県庁全体において対応策の徹底について共有したところです。  職員に対しては、継続して出勤前の検温と所属長への報告、職場の換気の徹底、机や飛沫感染防止のアクリル板等の拭き掃除による消毒の徹底、歯磨きの自粛、不要不急の移動や会議開催の自粛、定例的な会議、打ち合わせの原則延期・中止、Web会議の活用、最小限の人数による会議・レク等の実施、在宅勤務制度及び時差出勤勤務制度の活用など、感染防止対策の徹底を図っているところです。  新型コロナウイルス感染防止に向けては、今後も引き続き職員へしっかり周知して取り組んでまいりますので、ご理解いただきますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 令和03年8月
  • 電話
  • 県政運営
  • 総務部 人事課
  • ▼県主催の会議について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県が主催する会議において、会議や名刺交換の前後に立ち話をしないよう職員に通知してください。鼻マスクなどは論外です。そのようにしないとまたクラスターが発生します。

    ●総務部 人事課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見いただきありがとうございます。   三重県への緊急事態宣言が発令され、県民の皆様、事業者の皆様、県としての取組が「三重県緊急事態措置」として取りまとめられたことに伴い、8月25日に所属長、職員に対して「三重県緊急事態措置をふまえた取組について」を通知したところです。   その中で、県民の模範となるよう一人ひとりが内容をきちんと理解して感染予防対策や体調管理を確実に実践するほか、家族・友人など周囲にも協力を促すよう感染防止対策の基本的な考え方を示したうえで、出勤者の削減と接触機会の低減、会議、研修等、原則、開催の延期・中止、出勤前の検温、職場の換気の徹底など、気をあらためて引き締めなおし感染対策に取り組んでおります。また、マスク着用を含む咳エチケットについては、引き続き徹底するよう職員に周知しております。  何卒、ご理解いただきますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】行政運営
    【施策】行財政改革の推進による県行政の自立運営
    【事業】人材育成の推進

  • 令和03年8月
  • 電子メール
  • 健康・福祉・子ども
  • 医療保健部 感染症対策課
    環境生活部 人権課
  • ▼新型コロナウイルス感染症による差別の解消について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     新型コロナウイルス感染症のワクチン差別被害に遭われた方から相談があったと聞きましたが、三重県感染症対策条例の差別禁止規定に、ワクチン差別は位置づけられているのでしょうか。  また、条例で禁止している差別が実際に生じた場合、県のどの部署がどのような取組みをして解消することになるのでしょうか。  最後に、ワクチン差別をはじめ、県に相談などがあった差別事例について、差別を解消するためには県民の協力が必要不可欠であることは人権が尊重される三重をつくる条例にも規定されています。差別事例について、ホームページなどで広く県民に情報発信し、差別の現状認識を高めるとともに、何が問題であるのか、許してはならないことなどを啓発することが必要だと思いますが、一切公表されていないのは何故でしょうか。

    ●医療保健部 感染症対策課
    <県の考え方・取組・方針>
     三重県感染症対策条例では、誰もが感染症にかかる可能性があることに鑑み、感染症の患者、医療従事者等に対する差別その他の権利利益を侵害する行為は許されないものであるとの認識の下に、これらの者の人権を尊重しつつ感染症対策を推進することを基本理念としております。  そのような基本理念に基づき、当条例第10条第3項において、「何人も、・・・いかなる団体又は個人に対しても、感染症の発生及びまん延に起因して生じる・・・いわれのない理由によって、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない。」としており、当条例の差別禁止規定に「ワクチン差別」も位置づけられると考えられます。  当条例第10条では、感染症法における基本理念等をふまえ、何人も差別や権利利益の侵害行為をしてはならないことを明示的に規定するとともに、差別の禁止に関する県の対策を規定しており、人権に関する問題について、教育活動及び啓発活動を通じた正しい知識の普及、相談に応ずる体制の確保その他の必要な対策を講ずることとしています。  新型コロナウイルス感染症については、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、全庁一体となって対策を進めており、新型コロナウイルス感染症に係る人権相談については、県人権センター等においてお受けしています。人権侵害等の事案については、事案を所管する県の部局等や法務局の人権相談窓口につなぎ、解決に向けて取り組んでいるところです。  また、新型コロナウイルス感染者やその家族、医療従事者等に対する重大な人権侵害が懸念されるケースについては、関係機関等が連携する、新型コロナウイルス感染症にかかる人権相談プラットフォーム会議で取組を協議し、迅速かつ的確に対応していきたいと考えています。  三重県で発生している新型コロナウイルス感染症に関する相談事例について、「コロナ差別」についての人権啓発ポスターや県政だより、新聞折り込みチラシ等にその概要を記載し、「新型コロナ差別をしない、されない、ゆるさない」旨の啓発に努めているところです。今後も事例の活用について、努めてまいります。 (感染症対策課と人権課で同じ回答になります。)
    <三重県総合計画>
    【政策】暮らしの安全を守る
    【施策】感染症の予防と拡大防止対策の推進
    【事業】感染予防のための普及啓発の推進

    ●環境生活部 人権課
    <県の考え方・取組・方針>
     三重県感染症対策条例では、誰もが感染症にかかる可能性があることに鑑み、感染症の患者、医療従事者等に対する差別その他の権利利益を侵害する行為は許されないものであるとの認識の下に、これらの者の人権を尊重しつつ感染症対策を推進することを基本理念としております。  そのような基本理念に基づき、当条例第10条第3項において、「何人も、・・・いかなる団体又は個人に対しても、感染症の発生及びまん延に起因して生じる・・・いわれのない理由によって、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない。」としており、当条例の差別禁止規定に「ワクチン差別」も位置づけられると考えられます。  当条例第10条では、感染症法における基本理念等をふまえ、何人も差別や権利利益の侵害行為をしてはならないことを明示的に規定するとともに、差別の禁止に関する県の対策を規定しており、人権に関する問題について、教育活動及び啓発活動を通じた正しい知識の普及、相談に応ずる体制の確保その他の必要な対策を講ずることとしています。  新型コロナウイルス感染症については、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、全庁一体となって対策を進めており、新型コロナウイルス感染症に係る人権相談については、県人権センター等においてお受けしています。人権侵害等の事案については、事案を所管する県の部局等や法務局の人権相談窓口につなぎ、解決に向けて取り組んでいるところです。  また、新型コロナウイルス感染者やその家族、医療従事者等に対する重大な人権侵害が懸念されるケースについては、関係機関等が連携する、新型コロナウイルス感染症にかかる人権相談プラットフォーム会議で取組を協議し、迅速かつ的確に対応していきたいと考えています。  三重県で発生している新型コロナウイルス感染症に関する相談事例について、「コロナ差別」についての人権啓発ポスターや県政だより、新聞折り込みチラシ等にその概要を記載し、「新型コロナ差別をしない、されない、ゆるさない」旨の啓発に努めているところです。今後も事例の活用について、努めてまいります。 (感染症対策課と人権課で同じ回答になります。)
    <三重県総合計画>
    【政策】人権の尊重とダイバーシティ社会の推進
    【施策】人権が尊重される社会づくり
    【事業】人権が尊重されるまちづくりと人権啓発の推進

  • 令和03年9月
  • 電話
  • 県政運営
  • 医療保健部 尾鷲保健所保健衛生室
  • ▼尾鷲保健所の電話対応について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     9月6日に難病の受給者証(特定医療指定難病受給者証)の更新に伴う自己負担額の変更などについて、保健所の担当者に電話で問い合わせをしたところ、担当者の態度や対応がひどいと思いました。質問に答えられるよう勉強してほしいです。難病に対する気遣いも感じられず、もっときちんと対応してほしいです。今年担当が変わって制度の内容や手続きについてよく知らないようで対応が良くなく、このような対応では、ほかの難病の方に対しても影響があると思い、紀北活性化局県民防災課へ電話しました。

    ●医療保健部 尾鷲保健所保健衛生室
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびはお電話での難病受給者証の更新に伴う制度内容などのお問い合わせに対し、大変不快な思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。ご指摘いただいたことについて担当にも、制度内容の理解とともに親切丁寧な対応に心掛けるよう指導したところです。  今後はこのようなことがないよう十分気を付けますので、ご理解の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。
    <三重県総合計画>
    【政策】命を守る
    【施策】健康づくりの推進
    【事業】難病対策の推進

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 子ども・福祉部 子ども・福祉総務課
    地域連携部 地域連携総務課
    デジタル社会推進局 デジタル戦略企画課
  • ▼県庁でのクラスター対応について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     新型コロナウイルス感染症陽性者の同居家族が濃厚接触者としてPCR検査をしてもらえないのに、県庁2階の職員360人にPCR検査をするとはどういうことですか。

    ●子ども・福祉部 子ども・福祉総務課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  令和3年9月6日に県本庁舎2階フロアに勤務する職員に新型コロナウイルス感染症の陽性が判明したことにより、県民の皆さまに感染が拡大しないよう本庁舎への来庁制限を実施しました。しかし、その後も、陽性となる職員が続く状況となったことから、さらなる本庁舎内での感染拡大を阻止するため、PCR検査の実施に踏み切りました。  PCR検査は、職員への感染拡大により県民の皆さまへの行政サービスの提供体制を低下させない目的で実施したものですので、ご理解いただきますようお願いします。  (子ども・福祉総務課、地域連携総務課、デジタル戦略企画課は同じ回答になります。)
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

    ●地域連携部 地域連携総務課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  令和3年9月6日に県本庁舎2階フロアに勤務する職員に新型コロナウイルス感染症の陽性が判明したことにより、県民の皆さまに感染が拡大しないよう本庁舎への来庁制限を実施しました。しかし、その後も、陽性となる職員が続く状況となったことから、さらなる本庁舎内での感染拡大を阻止するため、PCR検査の実施に踏み切りました。  PCR検査は、職員への感染拡大により県民の皆さまへの行政サービスの提供体制を低下させない目的で実施したものですので、ご理解いただきますようお願いします。  (子ども・福祉総務課、地域連携総務課、デジタル戦略企画課は同じ回答になります。)
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

    ●デジタル社会推進局 デジタル戦略企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  令和3年9月6日に県本庁舎2階フロアに勤務する職員に新型コロナウイルス感染症の陽性が判明したことにより、県民の皆さまに感染が拡大しないよう本庁舎への来庁制限を実施しました。しかし、その後も、陽性となる職員が続く状況となったことから、さらなる本庁舎内での感染拡大を阻止するため、PCR検査の実施に踏み切りました。  PCR検査は、職員への感染拡大により県民の皆さまへの行政サービスの提供体制を低下させない目的で実施したものですので、ご理解いただきますようお願いします。  (子ども・福祉総務課、地域連携総務課、デジタル戦略企画課は、同じ回答になります。)
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 令和03年8月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 環境生活部 くらし・交通安全課
  • ▼防犯カメラについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     防犯カメラは肖像権の侵害、プライバシーの侵害なので撤去を求めます。撮影されること自体が苦痛です。  防犯カメラに防犯効果がないことは日本弁護士連合会が2012年に警察庁長官に提出した「監視カメラに対する法的規制に関する意見書」により明らかです。  行政による防犯カメラの設置は、税金の無駄遣いになります。また企業や住民が設置するものも肖像権の侵害、プライバシーの侵害です。条例で禁止してください。

    ●環境生活部 くらし・交通安全課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただき、ありがとうございます。  防犯カメラに記録された画像情報は、個人情報保護委員会が策定した個人情報保護法ガイドラインにおいて、「個人情報である」と明確に定義されており、防犯カメラの設置に関しては、個人情報保護法を踏まえた適切な取り扱いが必要なものと理解しています。  ご紹介いただいた日本弁護士連合会の意見書では、防犯カメラの防犯効果を全面的に認めてはいませんが、一定の効果があるものと紹介されており、また、防犯カメラの設置については、目的、必要性、設置状況、使用方法が適切であれば、許容されるものであるという裁判例(大阪地裁平成6年4月27日判決)も掲載されています。県においても、同様の認識を持っており、防犯カメラは無秩序に設置されてよいものではなく、適切な運用基準に従い、設置により侵害される権利と、設置・運用による有用性を比較考量して決定されるべきものと考えています。  このことを踏まえ、県では、防犯カメラの有効性とプライバシーの保護との調和を図り、県民の不安を緩和することを目的に、防犯カメラの設置や運用に際して配慮すべき事項をとりまとめた「三重県防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」を策定しています。  「三重県防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」では、防犯カメラの設置にあたって、「『犯罪を防止する。』等の設置目的を明確に定めること」、「設置による防犯効果が最大に発揮されるよう撮影方法を定めること」、「プライバシーに配慮した必要最小限の撮影範囲を設定すること」、「目的を逸脱した設置及び運用を行ってはならないこと」を明記しており、防犯カメラが適切に設置・運用されるよう規定しています。  今後も「三重県防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」の内容を分かりやすく解説した「三重県防犯カメラ設置ガイドブック」を使用した出前講座等を通じ、防犯カメラを設置しようとする住民や企業等が、正しい情報に基づき適切な内容で設置を検討することができるよう、周知啓発を進めてまいりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】暮らしの安全を守る
    【施策】犯罪に強いまちづくり
    【事業】みんなで進める犯罪防止に向けた取組の推進

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • スポーツ・教育・文化
  • 環境生活部 文化振興課
  • ▼県立図書館の新型コロナウイルス感染症対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     先日県庁を訪れ緊急事態宣言に伴い、8月27日から県立図書館を休館としている理由について尋ねたところ、文化振興課からは三重県緊急事態措置の文中にない「人の流れを減らす」ためと言われました。県立図書館長と文化振興課長に、どこにも書かれていない文言でなく、県緊急事態措置並びに国の緊急事態宣言に現れる文言に沿った、文化的生活と両立する適確な感染対策を実施するよう、知事から指示していただくようお願いします。  また、(1)図書館休館日の決定権限が館長に一任されている現制度を改めること、(2)図書館の休館を決定するまでの協議プロセスについて文書化するなど、事後においてもその妥当性を検討できるようにすること、の2点を求めます。

    ●環境生活部 文化振興課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  このたびの三重県立図書館の休館については、8月25日の三重県新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議において決定した「三重県緊急事態措置」に沿って、8月27日から休館としました。  同措置では、生活の維持に必要な場合を除き、日中も含め、外出や移動の自粛を県民に要請し、県有施設(文化施設、スポーツ施設等)の休館、一部利用制限を行う旨を記載しています。また、人流の抑制についても事業者の皆様に要請しています。  こうした内容をふまえて、図書館において事務手続を行い、休館を決定したものですので、ご理解くださいますようお願いします。  ご来庁当日に、十分にご説明ができなかったことについて、お詫びいたします。  また、(1)については、図書館の休館日の決定は、「知事の補助職員等に対する教育委員会の権限の一部委任等に関する規則」、及び、「三重県事務決裁及び委任規則」により、図書館長が専決者とされており、図書館において事務処理を行っていますが、今回の休館については、県の方針として決定した「三重県緊急事態措置」に沿って決定しています。  (2)については、「三重県緊急事態措置」の内容をふまえ、感染拡大防止の観点から人流を抑制し、人と人との接触機会の低減を図るため、図書館において手続きを経て、休館を決定したものですので、ご理解くださいますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】学びの充実
    【施策】文化と生涯学習の振興
    【事業】文化にふれ親しみ、創造する機会の充実

  • 令和03年8月
  • 電子メール
  • スポーツ・教育・文化
  • 地域連携部 スポーツ推進課
  • ▼パラリンピックスタッフについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     コロナに感染したパラリンピックスタッフが入院するのは三重県の医療機関ですか。また、パラリンピックスタッフの治療の費用は誰が負担するのですか。  PCR検査は毎日しないと意味がないため、国体選手も毎日1回以上の検査の義務付けをお願いします。その費用に県民の税金を使わないでください。出発地から宿舎までや宿舎から会場までの移動はバスで隔離した状態で移動するようにお願いします。  国体より県民の命を守ってください。

    ●地域連携部 スポーツ推進課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびはご意見をいただき、ありがとうございます。  県では、新型コロナウイルス感染症の陽性者に対する療養場所の決定や療養費の負担について「県外・海外在住の方であっても、県内で陽性と診断されれば、県民の方と同じ対応をとる」こととしています。  例えばオリンピック・パラリンピック関係者であることを理由に特別な便宜を図ったり、逆に県外在住者や外国人であることなどを理由に差別的な取り扱いをせず、すべての方に県民の方と同じ対応をとることとしていますので、ご理解をいただきますようお願いします。  このような考え方に基づき、今回の英国パラリンピック水泳チーム内で陽性と診断された方については無症状であったため、入院せずに宿舎個室で隔離のうえ、療養していただきました。  また、療養費については、英国チーム側に負担していただきましたので、念のため申し添えます。
    <三重県総合計画>
    【政策】三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功とレガシーを生かしたスポーツの推進
    【施策】地域スポーツと障がい者スポーツの推進
    【事業】地域スポーツ活動の推進とスポーツを通じた地域の活性化

  • 令和03年8月
  • 提案箱
  • 県政運営
  • 地域連携部 紀南地域活性化局地域活性化防災室
  • ▼コロナ対策について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     庁舎の廊下とトイレで歯みがきをしている人を見かけました。新型コロナウイルス感染対策上、問題ではないでしょうか。 すぐにやめてほしいです。

    ●地域連携部 紀南地域活性化局地域活性化防災室
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  三重県熊野庁舎の各所属においては、出勤前の検温やマスク着用の徹底、執務室の換気や共有部分の消毒など新型コロナウイルス感染拡大防止対策に取り組んでいるところです。  ご指摘いただいた内容については、職員に周知するとともに、引き続き緊張感をもって新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組んでまいります。
    <三重県総合計画>
    【政策】その他
    【施策】その他
    【事業】その他

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • スポーツ・教育・文化
  • 地域連携部 競技・式典課
  • ▼三重とこわか国体開会式のアトラクションについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     三重とこわか国体・三重とこわか大会が中止になりました。開会式で、江戸川乱歩をモチーフにしたアトラクションの映像が公開される予定だったのに残念です。  ここまで準備してきたので、オンラインやYouTubeの公式チャンネルで一般公開してはどうでしょうか。

    ●地域連携部 競技・式典課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご提案をいただきありがとうございます。  現在、両大会の中止を受けて、開・閉会式の準備に携わっていただいた皆さんの取組を披露する機会をつくるとともに、両大会への出場が叶わなかった選手への応援メッセージを伝える取組について検討しているところです。   この中で江戸川乱歩の作品である「少年探偵団シリーズ」をモチーフとした式典演技についても、ご提案のようにホームページ等を通じて、選手や県民の皆さんに情報提供させていただく予定ですので、今しばらくお待ちいただけると幸いです。
    <三重県総合計画>
    【政策】三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功とレガシーを生かしたスポーツの推進
    【施策】競技スポーツの推進
    【事業】三重とこわか国体・三重とこわか大会の開催

  • 令和03年8月
  • 電子メール
  • スポーツ・教育・文化
  • 地域連携部 競技力向上対策課
  • ▼国体中止について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     三重とこわか国体・三重とこわか大会の中止が決定し、選手へのバックアップをすると聞きましたが、具体的にどのような形でするのですか。一人一人に対応するのですか。

    ●地域連携部 競技力向上対策課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  三重とこわか国体の中止に伴い、選手への配慮は大切なことと考えています。  そこでまず、トップアスリート就職支援事業等の制度を活用し、来県した選手につきましては、これまでの長年の取組と努力に対する敬意と感謝、労いの気持ちを伝え、今後の競技生活についても聞き取りを行っています。  また、選手へのメンタルケアは喫緊事であると考えており、現在、選手の状態を把握し、スポーツメンタルトレーニング指導者等の活用を検討しています。  さらに、今後三重県選手として国体に出場する予定であった選手の皆さんに対して、長年の努力に敬意を表する場を設け、三重とこわか国体の選手の証である記念品などを贈呈することを検討しています。  国体は今後も開催されますので、引き続き選手が活躍できるよう支援をしていきたいと考えております。
    <三重県総合計画>
    【政策】三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功とレガシーを生かしたスポーツの推進
    【施策】競技スポーツの推進
    【事業】競技力の向上

  • 令和03年8月
  • 電子メール
  • スポーツ・教育・文化
  • 地域連携部 総務企画課
  • ▼国体中止について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     三重とこわか国体・三重とこわか大会を中止してください。連日、新型コロナの感染者数は過去最多を更新している現状で、なぜ中止にしないのでしょうか。  県民に対して、県境を越える移動を避けるようにお願いをしているにもかかわらず、全国から人を集める行事を行うのはおかしいと思います。三重県は医療体制が脆弱です。これ以上感染が広がれば、亡くなる方が増えると思います。命を守る決断をお願いします。

    ●地域連携部 総務企画課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは貴重なご意見ありがとうございます。  三重とこわか国体・三重とこわか大会は、コロナ禍であっても、安全・安心に開催できるよう、感染防止対策に関する基本方針や各種ガイドライン等を策定し、県民の命を守り、医療への負担もなるべくかけない様々な方策を検討し、開催に向けて準備に取り組んでまいりました。  しかし、8月以降、全国的にも急激に感染が拡大している中、三重県においても8月14日には新規感染者が148人であったものが、連日過去最多の感染者が発生し、8月21月には427人に達するなど、これまで経験したことのない脅威的な感染拡大が続き、医療提供体制への負荷も甚大になっております。  また、現在も脅威的な感染拡大は続いており、8月27日からは緊急事態措置が発令されるほどの深刻な状況となりました。  このような状況を受け、これまで検討してきた感染防止対策を実施しても、両大会を安全・安心に開催することは難しく、県民の命を守りぬくためには中止を判断せざるを得ないと考え、文部科学省等の各主催者と協議のうえ、両大会の中止を決定することとなりました。  これまで両大会を支えてくれた皆さまには、このような結果となり、本当に申し訳ありませんが、何卒ご理解いただきますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】三重とこわか国体・三重とこわか大会の成功とレガシーを生かしたスポーツの推進
    【施策】競技スポーツの推進
    【事業】三重とこわか国体・三重とこわか大会の開催

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • 県政運営
  • 地域連携部 地域支援課
  • ▼知事と市町長との1対1対談について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     1対1対談を県ホームページの映像や議事録から見ていると、市町の課題や市町長の熱意、今後の市町の展望などを幅広く知ることができました。また市町と県の連携なども少し理解できました。このたび知事も代わることとなりましたが、今後も継続していただけるようにお願いします。

    ●地域連携部 地域支援課
    <県の考え方・取組・方針>
     このたびは、ご意見をいただきありがとうございます。  市町と県との連携や対話については、引き続き重要であると考えており、令和3年9月14日の知事就任記者会見において、知事から県内の市町との対話の継続について、発言があったところです。  いただきましたご意見につきましては、今後の取組の検討にあたり参考とさせていただきます。
    <三重県総合計画>
    【政策】地域の活力の向上
    【施策】市町との連携による地域活性化
    【事業】市町との連携・協働による地域づくり

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • くらし・環境
  • 農林水産部 みどり共生推進課
  • ▼ラジコンサーキットについて

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県にはラジコンサーキットがほとんどなく、走行する場所がありません。他県には市営サーキットなどがあり羨ましいです。  三重県民の森などにサーキットコースを作ってもらえないでしょうか。駐車場などに白線でコースを引いてもらうだけでもいいと思います。ご検討をお願いします。

    ●農林水産部 みどり共生推進課
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見をいただき、ありがとうございます。  三重県民の森は、昭和55年に行われた第31回全国植樹祭の跡地を、県民の心身の健康の増進及び森林環境教育の振興に寄与する場として活用し、次代につないでいくことを目的として三重郡菰野町に整備された施設です。  このため、三重県民の森では、県民の誰もが利用できる自然とのふれあいの場の提供や、自然体験型イベント等の開催により、森林環境学習の機会を提供することなどを目的として運営しています。  今回ご提案いただいているラジコンサーキットコースの設置につきましては、県民の森の目的とする内容ではないことから、サーキットコースを設置することは困難と考えており、ご理解賜りますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】環境を守る
    【施策】豊かな自然環境の保全と活用
    【事業】自然とのふれあいの促進

  • 令和03年9月
  • 電子メール
  • まちづくり
  • 県土整備部 伊勢建設事務所事業推進室
  • ▼県道について

    ■県民の皆さんから寄せられた「声」の概要■
     県道伊勢大宮線の度会橋西詰交差点では、朝夕の渋滞時に宮川上流からの右折は1回の青信号で3~4台しか右折できません。暫定的に交差点から宮川上流部の使われていない歩道を無くし、右折2車線化することを要望します。

    ●県土整備部 伊勢建設事務所事業推進室
    <県の考え方・取組・方針>
     ご意見ありがとうございます。  度会橋西詰交差点の県道伊勢大宮線では、度会橋への交通集中により、特に朝夕の通勤時間帯に渋滞が発生しています。  県道伊勢大宮線の度会橋付近の歩道は、利用されている方がみえることから、利用者の安全性を確保するため必要であると考えています。ご要望の右折車線の2車線化については、道路用地が限られており実施は困難であることから、まずは、警察と連携して信号機の時間調整を行うことで、渋滞緩和が図られるよう取り組んでまいりますので、ご理解いただきますようお願いします。
    <三重県総合計画>
    【政策】安心と活力を生み出す基盤
    【施策】道路網・港湾整備の推進
    【事業】県管理道路の整備推進